チームを動かすファシリテーションのドリル

著者 :
  • 扶桑社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594074555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チームを動かすファシリテーションのドリル
    2016/3/24 著:山口 博

    この能力開発プログラムの特徴は「ビジネスパーソンが体得するべきスキルを分解し、1分間の反復演習により身に付けられる形式であること」である。分解された個々のスキルは非常に簡単なので、それをひとつひとつ体得することで、誰でも身につくものである。

    本書の構成は以下の6章から成る。
    ①聞き手を引き付ける表現力
    ②プレゼンテーション構成力
    ③リアクションによる誘導力
    ④メッセージを巻き込む合意形成力
    ⑤当事者を対立させない懸念解消力
    ⑥柔軟思考による課題解決力

    ファシリテーション能力の必要性については疑う余地はない。本書ではファシリテーションのみならず社会人としての必要な能力を細かくわけたスキルで学ぶことで身につけることを狙っている。

    わかりやすく取り組みやすい演習は余裕をもった気持ちと時間が確保できれば試す価値は大いにある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

富山大学・聖徳大学名誉教授、元新潟大学教授、北京日本学研究センター客員教授、文学博士。専門は日本古代文学を核にした比較文化。
主な著書に『王朝歌壇の研究』四冊(桜楓社、1967〜93年)、『古代文化回廊 日本』(おうふう、2004年)、『平安貴族のシルクロード』(角川書店、2006年)、『創られたスサノオ神話』(中央公論新社、2012年)、「ユーラシア北方文化の中の日本神話」(聖徳大学『論叢』に連載中)などがある。

「2018年 『ユーラシアのなかの宇宙樹・生命の樹の文化史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口博の作品

チームを動かすファシリテーションのドリルを本棚に登録しているひと

ツイートする