乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.52
  • (22)
  • (46)
  • (54)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 551
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書術というよりは、読書に関するエッセイという感じか。
    新しい発見はなく、三分の一で読むのを止めてしまった。
    思考の整理学、という本が有名なようだが。。
    まあ、いずれ。

  • 似たような内容の本を既に読んでいたので、新たな発見はなかった(個人的だけど)。
    乱読は風のように、散歩するように。

  • 読了。売却。

  • 話が二転三転する
    想像とは違った内容だった

    本は買うべき
    書店で買うのと図書館で借りて読むのとは違う
    書店で買うのは自分の意思で選んでる
    図書館は人が選んだ本だからダメ
    みたいな内容で
    書店から選ぶのも図書館から選ぶのも
    数ある中から自分が読みたい本を
    選んで読むのだから同じだと私は思う

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)のその他の作品

外山滋比古の作品

ツイートする