乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.52
  • (22)
  • (46)
  • (54)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 551
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「乱読」に、自身のポリシーを見つけ喜んだが、少々ベクトルが違った。のべつまくなしに読み続ける、ではない読書論。熟読を否定するわけではなく、知識の詰め込み過ぎには気をつけろ、という主張。知的メタボというフレーズにぐっとくる。メタボであると強く認識。
     一方、読むなといっているわけでもない。結局「考えろ」に落ち着くような・・。PDCA回すのが考えることなのか、自分の言葉で説明できるようにすることがそうなのか?という自己課題に対して解を得ること、なんかと。で、「!」となる時がセレンディピティというもので、それがある時に来る、と。

  • いいね

  • ただなんとなく読書が好きで読んでいるだけなのかも、、、とまたその答えを本に求め、書店をうろうろしていた時に買った本。
    「たくさん読んで偶然の発見を楽しみ、自分で生み出すことをしなさい。」という本。
    実にタイトルが中身を表していて面白い。書店で沢山の本を流し見していて、ふとこの「セレンディピティ」という単語が目に留まった。内容を見ていると、どうも乱読に関する本のようで、自分の読書スタイルを悩んでいた自分にはうってつけのように思われた。
    大当たりだった。
    自分の現在の読書スタイルは、 読み分けがされている。結果的に、同時に4-5冊くらい読む形になる。
    - 主に、家の机では、 自分の専門分野に関するをじっくり、通勤等ではノージャンルで気楽に、会社では言語(仕事しろ)といった具合に。
    - あと、本を本にしてしまわない事もある。例えば、本「パスポート学」は、国外からの出張者とのアイスブレークに役立ている。

    いずれも、読んでいて楽しい本を読んでいるが、ノージャンル本はいつも発見の連続でいっそう楽しい。この本もそうであった。

    - ジャンルに縛られず、多様な本を読むことは、センディピティ(思わぬ発見)に繋がる。

    - 本は自分の生き方に影響を与えられるように読むのがよい。ただ知識を増やすだけでは、知識バカになるだけである。

    まさしく、「セレンディピティ」という単語を知らなかったために、セレンディピティを呼んだのである、笑。結果として、現在の僕の読書スタイルはやはり、好きなだけあって、それで今の生活にあっていると、考える。生活が変わればまた、その様式も変わるかもしれない。それで、良いのだ。
    あと、思わぬ結果も生んだ。乱読同様、雑談の力を大いに認める部分があり、確かにそうであると納得。せっかくなので、ピアノを共通キーに座談会を発足させてみた。これからが楽しみである。

  • 至言の宝庫。肩肘張らずに、素直に、気ままに読書を楽しもうという気持ちにさせてくれる。「思考の整理学」の復習的要素も。

  • ジャンルを問わず色々な本を同時に読みまくる「乱読」。俺も実践することにする。出口氏の精読本も読んだが、性に合わない。

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)のその他の作品

外山滋比古の作品

ツイートする