一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

著者 :
  • 扶桑社
4.25
  • (9)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594075989

作品紹介・あらすじ

「食う・寝る・動く」だけで痩せていく。野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエット
・パレオダイエットは科学の世界でもお墨付き
・狩猟採集民にはデブもがんも鬱病もない
・パレオダイエットの基本は「食う・寝る・動く」の改善

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 痩せるためには睡眠と食事が重要。
    そのあとが運動。

    毎日7時間以上の睡眠、
    お菓子や加工食品は控える。
    これを守れば、野菜やお肉や炭水化物は、まあ食べ過ぎても
    お菓子よりかはマシだなと!

    痩せるのに、むしろお金はかからないんだと感じた。

  • 著者様より御献本

  • この本や著者のブログをきっかけに体はもちろん、人生の価値観まで変わった一冊になった。

  • 一生物の体との付き合い方。
    狩猟民族のライフスタイルを参考に実践する話。
    本社の情報を参考に三週間実践したが効果あり。
    確実に変わって来た。
    課題を上げればきりがないが自分にあうものを取り入れていけばよいだろう。

    追記。3ヶ月続けたが確実に体が変わった。
    もともとBMI値が適正だったところから8kgやせたので驚異的な効果である。
    また筋肉量も落ちていない。
    体にあったともいえる実践本。

  • ゆる〜く取り入れたところ
    4キロ減!
    シワが薄くなった!
    髪が健康になった!
    頭の働きがよくなった!
    ………
    痩せるとか、太るとか。
    それらは日々の生活を積み重ねた結果であって。
    仮に、何かのダイエット法によって短期間で痩せられたとしても、元の生活に戻したら、そりゃ体も元通りになりますよね。

    つまり、一生スリムでいられる秘訣は、スリムでいられるための生活を毎日送ること。

    ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、ちゃんと運動して。
    この本で紹介されているのは、そんなライフスタイルを「日常」にするためのメソッドです。

    徹底的にエビデンスをベースとしており、それが自分にも当てはまるかなと自身の体で検証してみるのも楽しい。



  • 論文等からの裏付けを元に書かれているので信憑性はあるが若干偏りも感じる。

  • 最初の「食う」ところがかなり参考になった。
    しかし残りの「寝る」「動く」はいいことを言っている感じだったけど、自分は今必要としていない項目だったので評価を下げました。


    人類が誕生したおよそ300万年前から1万年前までに渡って木の実や根菜を集め野生の動物や魚を狩りしながら暮らしてきた。
    農耕や牧畜が始まったのは1万年前で、現在の加工食品やファストフードがひろまったのはわずか100年。
    つまりDNA的に見れば長い期間に育まれた狩猟採集時代の生活が合ってる。
    因みにアルコールの飲む様になったのは約1万年前。

    ・狩猟採集民族の体脂肪率は男13%女21%。
    ・多くの狩猟採集民族の糖質摂取量は20%〜40%程。
    ・狩猟採集民族の睡眠時間は6時間半。

全7件中 1 - 7件を表示

Yu Suzukiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロイ・バウマイス...
リンダ グラット...
メンタリストDa...
メンタリストDa...
デールカーネギ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする
×