「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書)

著者 : 鳥賀陽弘道
  • 扶桑社 (2017年9月2日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594077778

作品紹介

かつての「ヒットの教科書」が大不況に喘いでいる。
一体「Jポップ」に何が起きているのか?

不況に喘ぐ「Jポップ」をよそに、
音楽業界は活況そのもの!?
徹底した現場取材でその姿を描く!

CDの売上が半減し、国民的大ヒットもなくなり、街からCDショップが消えたいま、音楽業界は風前の灯なのか? ところがどっこい、じつは活気に満ちている。元気の素はパチンコ? ウエディング? カラオケ? 逞しき音楽業界の〝いま〟を徹底した現場取材で浮き彫りにしていく。

主な内容
●〝日本の〟ライブハウスはまず潰れない
●カフェが本物の〝ライブハウス〟を実現
●音楽はYouTubeで無料で、ライブは有料で
●フェスがひとつの産業になった
●自作リリースにカネはいらない
●なぜウォークマンはiPadに惨敗したのか
●パチンコはいまや音楽マスメディアだ
●結婚式という音楽メディア
●楽器の弾けないミュージシャン―――etc.


本書は所謂俯瞰に音楽業界を扱った本ではなく、著者がライブ会場、フェス、パチンコ、結婚式場、楽器店、モジュール・シンセ・ライブ(および店舗)、レコード・カッティング店等々すべてゲンバまで足を運んで取材している音楽ルポ。「ヒットの教科書」とされていた「Jポップ」が凋落する様は他のビジネスにも大変参考になる。そういう意味では〝ビジネス書〟的な側面もある。

「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:767.8/Uga
    資料ID:50088839
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ‪現代の邦楽を批判する本ではない。むしろ著者は邦楽を「多様性や自由度を増し、どんどん面白くなっている」と評している。音楽の流通からメディアの変化を考察した一冊。特に第3章は音楽に詳しい・疎い関係なく勉強になる。辻野晃一郎氏が語るウォークマンがiPodに負けた理由も興味深かった。‬

全2件中 1 - 2件を表示

「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書)のその他の作品

鳥賀陽弘道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
阿部 紘久
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
恩田 陸
宮下 奈都
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする