チュベローズで待ってる AGE22

  • 扶桑社
3.61
  • (15)
  • (47)
  • (38)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 392
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594078102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 就職活動で全落ちしてしまった大学生が、ホストのスカウトをされてトップを目指していく。
    緊張感とどうなっちゃうんだろう?と読み進めていく。携帯小説を読んでいるような感覚。

  • 普段はエンタメものあまり読まないけれど、tb賞受賞だから、と第1部を読了。ぴんときてませんが、後半もちゃんと読む予定。

  • デートした子におすすめされたんだけど正直くそ面白くなかったです。Age22はギリ読める。面白かったって嘘ついてごめんなさい。

  • 今までは芸能界とか、シゲさんの経験が元かなって思ってたけど、今回は全く違うな・・・!
    他の作家さんも勿論全ての作品が実体験じゃないやろうけど、どんな人か知らんし(私はあんまり作家さんの生い立ちとか経歴は知りたくないタイプ)、それに対してシゲさんは初めがジャニやから、作家さんてっすごいなっていう・・・←語彙力

    AGE32があったの知らんかった!そっちも早く読もう

著者プロフィール

加藤シゲアキ(かとう しげあき)
1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。同作は16年に映画化され、大ヒットした。以降『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』(以上、渋谷サーガ3部作)と年1作のペースで執筆を続ける。最新刊は『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』。NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げ、近年はドラマやバラエティ、情報番組などに出演し、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

加藤シゲアキの作品

ツイートする