感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「贈り物」がテーマの、胸が温まるアンソロジー。エッセイ、マンガ、ショートストーリーと様々で、色々な味のお菓子をつまむような感覚で楽しめた。登場する食べ物がことごとくおいしそうで!その一部が「おいしいものリスト」として巻末に紹介されているのも嬉しい気づかい。
    贈り物はもらうのもあげるのも楽しい。と同時に、選ぶ難しさ・もらう難しさを感じることもある。プラスの感情のみならず、そんなちょっぴりマイナスな感情もユーモラスに描かれていて、「ああそれ…わかるわかる」と共感しまくりでした。
    決して物だけのやりとりだけではない「贈り物」、そういう意味で一番印象的だったのは、ペットへの思いが綴られた、乾ルカさんの「天使の名前の犬のこと」だ。乾さんは初読みでしたが、ぐっとくる文章を書かれる方だなと思った。
    なんだかこの本こそが素敵な「贈り物」って感じがした。あえて包装しなくても、このカバー自体がラッピングっぽいもの(老舗菓子店のパッケージのような装丁でとても素敵)。著者の方々の気持ち、しっかり受けとめました。

  • 贈りものには福がある。愛しくて、可笑しくて、ちょっと切ない、ちいさな贈りものがたり。朝吹真理子、彩瀬まる、いしいしんじ、今日マチ子ら16人の書き下ろしエッセイ&コミック&ショートストーリーを収録。

    佐藤ジュンコさんが書いていると聞いたので図書館で借りた。
    どの話も,うんうん,うなずきながら読みました。
    嬉しいし,難しいし,でも,好きです,贈り物・・・。

  • 贈り物をする時、いただいた時、折に触れて読み返すようにその贈り物に込められた思いを確認したい。一気読みしてはいけない本。

  • 「贈りもの」をテーマにしたエッセイ集だ。さまざまな作家や文筆家が寄稿していて、「贈りもの、大好き」という人と「苦手で苦手で・・・」という人にぱっきり分かれるのが面白い。

    誰もが、「負担にならないちょうどいいレベルのものでかつ素敵なもの」が「ほんのきもち」のいい贈りもの、と考えているようなのも興味深かった。そんなに大多数共通で目指す理想がありながら、苦心惨憺するのが贈りものというものらしい。

    贈った相手からの自分の評価を気にしてしまうからうまく選べない、というようなことを文月悠光さんという作家が書いていて、ああ、そうだよなぁと思う。相手のために贈っていながら自分のことが念頭にあるのではそもそも構えてしまって難しいのだ。

    そんな中、読者から届いた一通の手紙に込められた贈りもの、をテーマにした鹿子裕文さんの実話らしき話が印象に残った。
    その贈りものは自分の評価など気にせず、ただ相手のために差し出されたものだから、受け取った時にはっとするのだろう。

    ふたりとも残念ながら著作を読んだことは無く、今回初めて知ったお名前なんだけれど、こういうアンソロジーのような体裁の本を読むと思わぬ出会いがあるのが面白いな。

  • すこしばかり。心ばかり。
    相手にも自分にも重すぎないように。
    難しいけれど、いただいたときの沢山の嬉しいを知ると自分もしてみたくなる。
    義務にならない優しさの応酬でありますように。

  • ほんのきもち、なので勝手に本の気持ちのアンソロジーかとおもったら、文字通り、ほんのきもち。贈り物のアンソロジーだった。あたたかな気持ちになれる。ゼリー食べたくなった、無性に

  • 「贈り物」に関するいろんな作家さんの素敵なエッセイ集。
    ほんのり温かくなる優しいお話が詰まってます。
    贈り物の参考書にしても、ただ読みものとして楽しんでもいいと思います。
    それにしても当たり前やけどみなさん文章が上手いなぁ。こんな文章書けたらいいなぁ。

  • 2019/2/1(金曜日)

  • 2019 1/1

  • 贈り物について、様々な作者が語るアンソロジー。
    贈り下手、受取り下手などは共感できる部分も多く…
    また、作者が体験した心温まる贈り物に感動できる。
    一番共感&感動したのは最後の「天使の名前の犬のこと」。
    ワンコのストーリーはズルい。
    絶対泣いちゃう…。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

朝吹 真理子(あさぶき まりこ)
1984年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻前期博士課程修了。「流跡」でBunkamuraドゥマゴ文学賞を史上最年少で受賞。「きことわ」で芥川賞受賞。

朝吹真理子の作品

ツイートする