道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

著者 :
  • 扶桑社
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594079017

作品紹介・あらすじ

【僕のこれまでが詰まった一冊です。――大谷翔平】

メジャーで新たな伝説をつくる大谷翔平が、渡米前、本書だけに「エンゼルスを選んだ本心」など、初めて明かされる事実を語り下ろした!

「メジャーのトップに行きたい。
長く野球を続けたい。 
何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」

他人の価値観ではなく自分の信念を貫く。
その根底にある圧倒的な向上心は、どこからきて、どこまでいくのか。
高校1年から8年間あまり、大谷の成長を見つづけてきた著者が、大谷のご両親、花巻東高校の佐々木洋監督、日本ハムファイターズのスカウトディレクター、GM、そして栗山英樹監督に丹念に取材をし、これまでどこにも出ていない大谷翔平の「素顔」を著した唯一無二の一冊。

【本書の内容より抜粋】
エンゼルス決定までの2週間/純粋な「野球少年」のまま/メジャー挑戦の最大にして唯一の理由/大谷家のリビング/大谷翔平の原点/末っ子気質/食が細かった子供時代/「野球ノート」に記された3つの教え/「目標設定シート」に掲げた163キロ/3年夏に訪れた歴史的瞬間/「二刀流」の発端/東日本大震災を経て/不安よりも興味が勝る/「宿題」は重ければ重いほどいい/「一番・ピッチャー・大谷」球史に刻まれた奇跡/大谷翔平のベストゲーム/野球の神様/二刀流のトレーニング/ダルビッシュ有との比較/他人よりも頑張れる自信/ピッチャーとしてはまだ50%しか能力を発揮していない/打率10割で100%の納得/「正解を探しに行く」――他。

【目次】
第一章 決断
第三章 黄金の国、いわて
第四章 北の大地
第五章 二刀流の真実
第六章 終わらない挑戦

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大谷選手の生い立ち、高校時代、日本ハムへ入団後のこと、メジャー挑戦の思い、高校野球部の監督、栗山監督や日本ハム時代のトレーナー、両親からのエピソードからも常に向上心を持ち、挑戦する気持ちを持ち続け、探究心を忘れず、ストイックな姿が感じられる。彼のインタビューの好感度が高いのも頷ける。二刀流が生まれたのも、素質、身体能力、出会い、野球に対する姿勢が大きいと感じる。特に印象に残るのは、一昨年のホークス戦での先頭打者本塁打、去年の「4番・投手」での活躍である。挫折もあるだろうが、メジャーでの活躍を応援したい。

  • 送っていただきました。ありがとうございました。拝読いたしました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1974年岩手県生まれ。スポーツライター。雑誌編集者を経て独立。著書に『あきらめない街、石巻 その力に俺たちはなる』(ベースボール・マガジン社)、共著に『横浜VSPL学園 松坂大輔と戦った男たちは今』(朝日新聞出版)、『甲子園 歴史を変えた9試合』(小学館)、『甲子園 激闘の記憶』(ベースボール・マガジン社)、『勝利の伝導者』『王者の魂』『あたらしい風』『永遠の刻』(日刊スポーツ出版社)などがある。主に野球をフィールドに活動するなかで、大谷翔平選手の取材を花巻東高校時代の15歳から続ける。

「2018年 『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔のその他の作品

佐々木亨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
フィル・ナイト
塩田 武士
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする