新装版 パレオダイエットの教科書

著者 :
  • 扶桑社
4.11
  • (24)
  • (17)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 406
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594082109

作品紹介・あらすじ

「最高の体調」の著者による、科学的エビデンスに基づいた最も画期的なダイエット!

無理なトレーニングや食事制限なく痩身、体質改善し健康体を一生維持できる「パレオダイエット」の実践法を、人気健康ブロガーが科学的根拠と自らの経験をもとに解説する。

月間100万PVのアンチエイジングブログ「パレオな男」管理人であり、「8年前まで虚弱体質のデブ」だった著者は、いかにして健康体を手にいれたのか? その秘密はパレオ(狩猟採集民)ダイエットにあった。
パレオダイエットは、肥満体も、ガンも鬱病もない狩猟民族の生活にヒントを得て、体を限りなく自然体の状態に近づけていくダイエットのこと。無理な食事制限をしたり高額なパーソナルジム代を払わなくても、「食う・寝る・動く」を改善するだ

けで痩身だけでなく体質を改善し、一生健康な状態が続いていく画期的な手法であり、新たなライフスタイルとも言える。
本書ではブログ掲載内容を最新文献をもとに大幅に加筆。医療財政の破綻危機が懸念されるなか、個人による健康維持の有用性を示唆する一冊でもある。験をもとに解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食事のパートは難しいかなと思う内容もあったけれど、睡眠や運動は想像していたより簡単にクリアできそうなものが多かった。デスクワーク中心なのでスタンディングデスクを購入しようか検討中。

  • ダイエットの本のようなタイトルですが、体重を減らすことが目的でなく、健康体になるための方法が書かれています。
    本書の良い点はまず、圧倒的に読みやすいです。そして、根拠についてしっかりと書かれており、言葉に説得力があります。

    パレオとは狩猟民族を指しているようですが、その狩猟民族の生活を真似することで健康的になろうという内容です。狩猟民族の生活は現代の生活とのギャップが当然大きくありますので、日頃の生活での当たり前になっていることに大きくメスを入れることになり、行動に移すとなると、とても新鮮かつ革新的に生活を変えることになります。

    ただし、本書では実践法などがケース別で書かれており、また食事、運動、睡眠ごとに章が分かれているため、実践のしやすさは圧倒的です。
    私は読み始めてから、可能な範囲で食生活を変え、睡眠を変え、運動を変える行動が取れました。実践はまだ数日なもので、体や健康状態に変化はありませんが、ダラダラする行動は減り、自分の生活が生産的になります。
    生活に慣れてくればより本格的な内容に取り組むようにすれば良いでしょう。

    「まずはできるところから」や、「ゲームで行き詰まるようにダイエットでも行き詰まる」など、啓発力の高い文章で書かれていることもあり、この本を読めば実践の内容はともかく、生活が好転することは間違いないでしょう。

    私にとってはそれほど良書に感じています、間違いなく人におすすめできる1冊です。

  • ◆オススメする人
    ・自分が少し太っている自覚がある人!
    ・長期的に痩せたい人!
    ・他のダイエット法を試してもうまくいかない人!

    ◆読んだ目的
    長期的に痩せる方法は?

    ◆20字でまとめると?(要約時間:5分)
    狩猟民族と、同じ生活を意識する。

    ◆理解を深める3つの疑問(疑問決め時間:5分+解答時間:10分)
    ①Why:なぜ学んだのか?
    ・最近少し太ってきたから笑
    ・自分に合ったダイエット方法が知りたくなった
    ・一生リバウンドしない体に憧れるから

    ②What:何を学んだのか?
    ・【食事編】朝食を抜いても全く問題はありません!
    それは、狩猟民族に朝食はなかったから。
    しかも空腹の方が集中力が増し、仕事の効率が上がる。
    12~18時間の断食が理想的です。

    ・【睡眠編】不眠症にはなってはいけない!
    なぜなら狩猟民族には、不眠症の人はいなかったから。
    本来寝る場所は、寝るための場所。
    当たり前だけど、これができていない人が不眠症になってしまう。

    ・【運動】狩りと同じように、歩いて走る!
    狩りをするには歩くことと走ることは絶対条件でした。
    運動を習慣化する大切さを再確認しました。
    運動をすることで、新しい細胞が作られる。さらに脳が成長し、集中力の向上が期待できる。


    ③How:今後どのように行動する?(3つの対策)
    ・夕飯~昼飯までのプチ断食を始めました。
    ・布団の近くにスマホを置かない。寝る前に触らない対策。
    ・ランニングを習慣にした。(2020年は、約230kmのワークアウトができました)

  • 狩猟採取民族のライフスタイルを現代に取り入れた、タイトル通りの本です。

    根拠付きで実践メソッドが述べられています。

    加工食品を食べないなど、活かせる部分を取り入れようと思いました。

  • TVで有名になったディレクターがアマゾン奥地の原住民と生活した際に、血液検査も良好になり、健康診断は全く問題無くなった。という発言が印象深くて興味が湧いていた。高い努力を要するようなレベルの高い生活手法の提案かと思えば、いずれも実践範囲だと思います。

  • 健康や筋トレの本を何冊か読んでいたので取り立てて新しい知識は得られなかった
    ただ必要な知識が短くまとめられノイズも少ないため自分のルーティーンをブラッシュアップするのに重宝した

    習慣化についての言及があまりなかったため、ある程度ダイエット習慣(健康を意識した習慣)が出来てる人がさらに上を目指すのに最適な一冊という印象

    個人的に睡眠の見直しが必要だと感じた

    著者が使用しているサプリや器具が具体的に示されてるのはとても参考になる
    また参考文献しっかり記載されているので信憑性が高い

  • 鈴木祐氏の本は7冊目だが最も学びを得られた。旧石器時代「パレオ」に近づくことに重きをおくスタイルなので単純に頷けるし複雑なものもない。簡単ではないが。
    細身の自分にはダイエットは必要ないのだが、手に取って良かった。

    ・パレオとは
    パレオリシックの略で"旧石器時代の食事法"

    ・狩猟採集民について
    肥満はいない
    がん、糖尿病、心疾患、痛風などはない
    血圧やコレステロール値などに異常はみられない
    ニキビ、乾燥肌、歯周病、虫歯はない
    鬱や不安症といったメンタル病はない
    疲れを残さない

    ・セットポイント
    人間の体は生まれつき太らないようにできている
    遺伝子に組み込まれた最適な体重に調整される
    加工食品がセットポイントへの働きを狂わせている

    ・狩猟採集民の栄養接収量は先進国の20倍

    ・運動効果
    若返り
    頭が良くなる
    メンタルの改善
    運動では痩せない

  • 科学的に裏付けされた最強のダイエットの教科書。
    ダイエット以外にも、健康的な肉体や、見た目を改善するのにも役立つ。

  • 読了
    1回目 2020.8.30

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鈴木 祐
Yu Suzuki

サイエンスライター。1976年生まれ。慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ね、多数の執筆を手がける。自身のブログ「パレオな男」では心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、月間250万PVを達成。近年はヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方を伝える講演なども行う。著書に『最高の体調』『科学的な適職』(クロスメディア・パブリッシング)、『ヤバい集中力』(SBクリエイティブ)、『不老長寿メソッド』(かんき出版)他ベストセラー多数。

「2023年 『運の方程式 チャンスを引き寄せ結果に結びつける科学的な方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木祐の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×