新日本人道 この世界の荒波を私たちはどう生きるか ロシア滞在28年で考えた日本復活への7つの指針

著者 :
  • 扶桑社
3.83
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594084011

作品紹介・あらすじ

この本は、
「日本の復活を願う人」
のために書かれました。
日本の復活を願いながらも、
「自分は何をしたらいいか分からない人」
のために。

この本には、「日本の復活を願う人」への「指針」が記されています。
指針には、二つの種類があります。

一つ目は、「主権者」としての指針です。
私たちは日本国の主権者なので、日本を繁栄させるリーダーを選ばなければならない。
そのための考え方を記しています。
 
二つ目は、「個人」としての指針です。
私たちが、健康で幸せで豊かに生きることが、「日本復活」の第一歩になります。
結局、日本国は、多くの個人が集まって創られているのですから。
 
私は、なぜこの本を書くことにしたのでしょうか?
2018年11月、私は28年住んだモスクワから日本に引き上げてきました。
アッという間に1年が過ぎ、私は久しぶりの祖国で幸せに暮らしています。
日本は、安全で、清潔で、自然が美しい。
近所の人、仕事でかかわる人、幼稚園のスタッフ、
学校の先生、買い物に行って出会う人たち、
すべての人たちが誠実で親切です。
 
しかし、数字を見ると、日本の違う姿も見えてきました。
一番わかりやすいのは、国民の豊かさを示すといわれる「一人当たりGDP」でしょう。
2000年時点で世界2位でしたが、2018年には、なんと26位まで下がっている。
「世の中、金がすべてじゃないでしょう。幸せならいいのでは?」
ところが、日本人は、「幸せ」でもないみたいなのです。……


日本の新時代をひらく7つの指針
第1の掟 「和の世界」を創れ
第2の掟 知性によって日本を自立国家へと導け
第3の掟 「理想を目指す」現実主義者であれ
第4の掟 日本の「真の国益」は何かを常に考え行動せよ
第5の掟 常に「大戦略」の視点から物事を見よ
第6の掟 日本を愛し、他国・他民族への尊敬の念を忘れるな
第7の掟 言葉と行動によって日本の名声を高めよ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一個人の日本人が、幸せになるためにできることについて。
    個人の行動が、どのように国益につながるのか。

  • いつもメルマガを拝読しているので、本の内容はメルマガのダイジェスト版みたいな感じでした。
    現実的、具体的な方策を示されていて、難しい国際問題を身近なアクションに結びつけていて良かったったです。

    マスコミの情報以外の視点が持てるようになります。学生さんから社会人までみんなが楽しめる本だと思いました。

  • 北野氏の最新作。最初の1冊目が非常に面白かったので、以後ずっと拝読させていただいているが、切れ味が薄まってきたように感じるのは慣れてきたせいか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国際関係アナリスト。1970年生まれ。19歳でモスクワに留学。1991年12月、現地でソ連崩壊を目撃する。1996年、ロシアの外交官養成機関である「モスクワ国際関係大学」(MGIMO)を、日本人として初めて卒業(政治学修士)。

「2020年 『日本の地政学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野幸伯の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
百田 尚樹
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×