純情(すなお)に生きる 稀代の教育者・丸山敏雄

著者 :
  • 扶桑社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594084530

作品紹介・あらすじ

我 万人のしもべとならん――
教育にたずさわる全ての人に贈る!

戦争に敗れ、国土が焦土と化し、人々の心も荒んでいた戦後日本――
その国難から一人ひとりが立ち上がるために、夫婦の道を説き、短歌を詠み、正しい暮らしを示す生活改善の運動をはじめた社会教育家の波乱万丈の生涯!

倫理研究所の創立者として知られる丸山敏雄(1892~1951年)は、教育者であり研究者、書家、歌人、思想家でもあった。

本書は、戦後まもなく「新しい倫理」と呼ばれるようになる「生活法則」を生活改善運動の中心に据え、その普及と実践に邁進した人物の人生の軌跡である。

【目次】
第一章 誕生
第二章 国史教育
第三章 入信
第四章 獄中
第五章 新世文化研究所
第六章 文化と家庭
第七章 離反
終 章 至誠天地を貫く

著者プロフィール

愛知県立芸術大学美術学部油画卒業後にパフォーマンスの道へ進む。絵本創作のかたわらプロのパフォーマーとして活動。スローレーベルにて障害者とのサーカス作品創作にも参加。絵本に『しょうちゃんとあけっぱなしおばけ』『おふろおふろ』(以上、絵本塾出版)。

「2020年 『ねこと コップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋徹の作品

純情(すなお)に生きる 稀代の教育者・丸山敏雄を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×