一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる 願いが叶っていく58の気づき

著者 :
  • 扶桑社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594084882

作品紹介・あらすじ

切ない恋愛ソングや人生の応援ソングなどで若い女性を中心に老若男女の幅広いファンを持つシンガーソングライター藤田麻衣子、初の書下ろしエッセイ。

「オーケストラとともにステージで歌いたい」。その夢を叶えるために20歳で上京。歯科衛生士として働きながらインディーズでCDデビュー。インディーズのまま7年間活動し、日本武道館での弾き語りライブに8000人を集め、30歳でメジャーデビュー。その後、夢だったオーケストラコンサートも実現させた。

そうした著者の歩みには、運や努力や実力だけではなく、願いを叶えていくための具体的な「行動」が常にあった。CDデビュー、夢だったオーケストラコンサートの実現、その過程で見えてきた新たな景色と貴重な気づき…。
「夢を実現させたい」すべての人に贈るメッセージ。


目次(冒頭部分)

まえがき

Step1 ゼロからのスタート
勇気を出してドアを叩くこと
実際に行動している一握りになる
誰かを頼っているから苦しい

etc・・・・・・

著者プロフィール

2006年9月6日、シングル「恋に落ちて」でCDデビュー。すべての楽曲で自らが作詞作曲を手掛けており、恋愛ソング・応援ソングがTVCMをはじめとした多くのタイアップに起用されている。2013年に発売した「手紙~愛するあなたへ~」は結婚式ソングの定番曲になり、毎年さまざまな結婚式ソングランキングにランクインし続けている。最近ではテレビ番組『はじめてのおつかい』のオリジナル挿入歌「やるしかない」「素敵なことがあなたを待っている」や、2019年2月・3月NHKみんなのうた「wish~キボウ~」など、心に寄り添うような歌詞に励まされるといった声も多い。ライブに訪れる人は、女性が7割と同性から支持を得ている。近年は老若男女のさまざまなファンが増え、会場は涙や笑顔で溢れている。2021年にはCDデビュー15周年を迎える。

「2020年 『一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる 願いが叶っていく58の気づき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田麻衣子の作品

ツイートする