将棋「初段になれるかな」大会議

  • 扶桑社
3.30
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086305

作品紹介・あらすじ

将棋の初段を目指したい人に贈る級位者向けの戦術書。プロ棋士を指南役に迎え、アマチュア2人が聞きたいことを何でも質問する『将棋「初段になれるかな」会議』待望の続編です。

 細かい定跡手順と変化を記した有段者向けの戦術書が「調味料の分量まで細かく記されたレシピ本」だとすれば、初段になるために必要な最低限のポイントだけを言及する本書は、「目分量でいいのっ」というお母さん料理のたくましさを目指したもの。

 また「初段を目指す人の師匠は、実はプロではなく初段になった人では?」という仮説のもと、新たな試みとして、初段になった一般の方々へ勉強法のアンケートも実施。高野六段の監修のもと、初段になるために必要なものをピックアップしました。

会話形式の本書でサクッと読み進めながら、聞き手と一緒に初段を目指しましょう。

第一章 いきなりの攻めと変な戦法にどう対処するのか?
第二章 「受け」が強くなる考え方
第三章 銀交換はどれくらい得??知っておくと強くなる考え方?
第四章 持ち駒は小さいほうから使う?初段になった人へのアンケートから?
第五章 「詰みより詰めろ」と「必死筋」
第六章 級位者が知っておきたい格言

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 将棋ウォーズ初段です。
    ほとんど既知で理解していた内容を復習の意味で読めたのは良かった。
    「おすすめの棋書」の紹介と肝に銘じておきたいテクニック格言を列挙しておく。

    「おすすめ棋書」
    3手詰めハンドブック(浦野真彦著)
    5手詰めハンドブック(浦野真彦著)
    寄せの手筋200(金子タカシ著)
    駒落ちのはなし(先崎学著、読み物として)
    ホントに勝てる四間飛車(先崎学著)
    上達するヒント(羽生善治著)

    ◆振り飛車(四間飛車);居飛車の7五歩の仕掛けには
    ①仕掛けの筋(歩がぶつかった筋)に飛車を動かす(5段目に相手の銀を出させない) 
    ②6五歩で角筋開けて角交換(7七飛車で取る)
    ③角交換、そして飛車交換(駒損しないように交換していく)
    →駒の損得無くても囲いが堅いので十二分

    ◆囲いが元に戻せるならば戻す
    ◆王手より詰めろ
    ◆常に「と金」を考えよ
    ◆盤面の馬と手持ちの角が同じくらいの価値
    ◆矢倉 6筋の歩をつく前にカニ囲い→矢倉崩ししてこないなら矢倉に囲う
    ◆横に利く駒は受けに強い
    ◆玉は下段に落とせ 「玉の位置の法則」;詰まされる玉の段数と、詰ますのに必要な金の枚数は同じ
    ◆攻めのときは、すっきりさせないよう、どこかに種駒が残るように指す。受けのときは、駒損してもいいから早めにすっきりさせる手がないか考える

  • 初段になるのってなかなか難しい。そんな時に同じ悩みを持ってる人向けのとても読みやすいこの本と出会った。いろんな格言の本当の意味とか新造格言とかもいいけど、もっとよかったのが初段になった人にアンケートをとってどんな勉強してたかとか聞いたところ。棋譜を思い出して再現できるようになるとか、確かにできたら強くなりそう。

  • 前作が良かったので今回も買っちゃいました。一気読み! 受け、銀交換、格言、アンケート、どれも凄く参考になりました。いつか初段になりたい。

全4件中 1 - 4件を表示

高野秀行の作品

ツイートする
×