真夜中のキス (海外文庫)

  • 扶桑社
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086688

作品紹介・あらすじ

元NSA職員のデータ解析士ホープは、両
親の死をきっかけに友人にDNA鑑定を依
頼。ところが、その友人が何者かに殺され
彼女自身も命を狙われるようになる。親友
であるASI社のIT責任者フェリシティ
に助けを求めると、元陸軍レンジャーで刑
事のルークが警護担当者として現れる。二
人でホープの過去をたどり始めるが、数十
年前の事件がさらに大きな陰謀となって彼
女を追い詰めていく。ホープの遺伝子に隠
された秘密とは? 彼女の命を狙う敵とは
実の父なのか? 大人気シリーズ第十弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    元NSA職員のデータ解析士ホープは、両親の死をきっかけに友人にDNA鑑定を依頼。ところが、その友人が何者かに殺され彼女自身も命を狙われるようになる。親友であるASI社のIT責任者フェリシティに助けを求めると、元陸軍レンジャーで刑事のルークが警護担当者として現れる。二人でホープの過去をたどり始めるが、数十年前の事件がさらに大きな陰謀となって彼女を追い詰めていく。ホープの遺伝子に隠された秘密とは?彼女の命を狙う敵とは実の父なのか?“真夜中”シリーズ第10弾!

    これは切ない。ホープがいい子だけに切ない。お金はどこから?って思って読んでいたけれどおじさんがいたのね。それにしても大統領になるために、って殺しをしたら意味がない。ルークが安定したメンタルでホープを助けていくあたりがいいなぁ。これどんどんスピンオフがあるからホープとパパの様子もこれから読めそうでそっちも楽しみ。

    Midnight kiss by Lisa Marie Rice

  • ミッドナイトシリーズ12作目
    データ解析士×元陸軍レンジャー(兼元刑事)

    今回のヒロインは、このシリーズですっかり引っ張りだこのフェリシティーの業務を分けあえる人を、と考えたのかな
    ブラック社のミスターブラックも気になる

    【追記】
    前巻レビューからのコピペ
    これまでのカップルの羅列

    1. Midnight Man
    Suzanne Barron & John Huntington
    インテリアデザイナーと警備会社社長

    2. Midnight Run
    Claire Parks & Bud Morrison
    大富豪令嬢とポートランド市警察刑事

    3. Midnight Angel
    Allegra Ennis & Douglas Kowalski
    音楽家と1の社長の共同経営者

    4. Midnight Vengeance
    Lauren Dare & Morton "Jacko" Jackman
    画家と1の会社の幹部社員

    5. Midnight Promises
    Felicity Ward & Sean "Metal" O'Brien
    IT技術者と1の会社の社員

    6. Midnight Secrets
    Isabel Delvaux & Joe Harris
    アメリカ一の名門政治家一族の娘兼有名フードブロガー
    と1の会社の社員

    7. Midnight Fire
    Summer Redding & Jack Delvaux
    ジャーナリストと前作ヒロインの兄兼CIAエージェント

    8. Midnight Shadows
    3のカップルのその後の話
    ※訳者さんによれば、時系列は3と4の間

    9. Midnight Quest
    4のカップルのその後の話

    10. Midnight Fever
    Kay Hudson & Nick Mancino
    5で初登場

    11. Midnight Renegade
    Honor Thomas & Matt Walker

    12. Midnight Kiss
    本作
    Hope Ellis & Luke Reynolds

  • 大好きなリサマリ先生の新作!
    ミッドナイトシリーズ10作目。

    今回はいつもの元SEALsじゃなくて、元陸軍レンジャー出身のルークがヒーローだった。
    いつもより色んな意味で冷静 笑

    いつもと流れは一緒なんだけど、ヒーローが冷静だからかな?ちょっと雰囲気が違う気がした。
    更に、今後もどんどん先の展開が期待できるような内容になっていて、新刊が出るのが待ち遠しいなぁ。
    HERルームの残りの2人とかASI社の最後に出てきたツインズとかね。

    この本、アメリカで7月に刊行されたばっかの本なんだね!
    訳者さま、扶桑社さま、本当にありがとうございます(。-人-。)

全5件中 1 - 5件を表示

リサ・マリーライスの作品

ツイートする
×