日本を壊した安倍政権

  • 扶桑社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086749

作品紹介・あらすじ

2020年8月、8年近く続いた安倍政権が突如幕を下ろしました。安倍政権下で日本社会はどのような影響を被ったのか。ハーバー・ビジネス・オンラインの気鋭の執筆陣に、経済、労働、教育…など、それぞれの専門分野に起きた出来事を振り返ってもらいます。

安倍政権の7年半は何を残したのか? 田中信一郎

無能な独裁者・安倍晋三による「法の停止」と「遅延する力」 藤崎剛人

「答弁拒否」で民主主義を破壊する安倍政権 日下部智海

誰のための働き方改革か― 高度プロフェッショナル制度は、 なぜ注目を集めずに成立したのか 上西充子

「アベノミクス」とは何だったのか? 佐藤治彦

安倍政権の総括 ― 大学入試の視点から 清史弘

安倍政権下でもたらされた統一教会との〝歪な共存関係〟の弊害 鈴木エイト

安倍政権の原発セールスとその失敗に見る腐敗した政官財 牧田寛

人権侵害を続ける外国人収容施設の闇 織田朝日

待機児童ゼロ 薗部雄一

安倍政権の負の遺産、共謀罪は廃止できるか 海渡雄一

著者プロフィール

うえにしみつこ●法政大学キャリアデザイン学部教授。働き方改革関連法案について活発な発言を行い、「国会パブリックビューイング」代表として、国会審議を可視化する活動を行ってきた。また、『日本を壊した安倍政権』に共著として参加、『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説 「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』の解説、脚注を執筆している(ともに扶桑社)。共著に『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(旬報社)、単著に『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)、『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』(集英社クリエイティブ)

「2021年 『政治と報道 報道不信の根源』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上西充子の作品

ツイートする
×