自由を求めて(上)ハリーとメーガン 新しいロイヤルファミリーを作る

  • 扶桑社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086763

作品紹介・あらすじ

アメリカ、イギリスで50万部突破!
10カ国で話題沸騰! 待望の日本版!

サセックス侯爵夫妻 ハリーとメーガン
知られざる真実の姿
求愛の舞台裏、婚約秘話、結婚前夜……(上巻)

現代的なロイヤルカップルの伝記、決定版!
王室離脱――その決断が批判を浴びようと、
ふたりは自分たちの心に従う
アーチ―の誕生、王室離脱、北米への移住まで(下巻)

自分たちらしく生きる
 イギリスの愛すべき王子とアメリカ女優のロマンスの芽生えが広く報じられるや、二人を取り巻くメディアの報道合戦は、王室ウォッチャーもただの見物人もいっしょくたに巻き込んで過熱する一方だった。二人の動向が――婚約から結婚式、息子アーチーの誕生から王室離脱という先例のない決断、北アメリカへの移住まで――新聞の一面を飾り、世界中が二人を見守るようになった。サセックス公爵夫妻は毎日のようにニュースで取り上げられているが、ハリーとメーガンのほんとうの物語はほとんど知られていない。
 本書の中で、著者のオミッド・スコビーとキャロリン・ドゥランドは、新聞の一面の裏へと分け入り、アメリカとイギリスの両方で若いカップルを苦しめた噂を消し、誤解を解くべく、二人の生活の知られざる詳細を明らかにする。スコビーとドゥランドは、イギリス王室と彼らの公務を取材できる選ばれた記者団のメンバーという立場柄、外部の人間は見ることのできないサセックス公爵夫妻の生活を生で見てきた。
 二人の求愛の舞台裏や婚約秘話、王室という制度の中で二人が直面した難題をつぶさに記した本書は、真に現代的なロイヤルカップルの伝記の決定版と言えよう。スコビーとドゥランドは、後を絶たぬ虚偽報道を暴き、陰謀を蹴散らし、ケンブリッジ公爵夫妻や女王とメーガンとの関係、ハリーと兄ウィリアム王子との報じられた“亀裂”、メーガンと実父との壊れた関係、家族のために自由を求め、タブロイド紙と距離を置こうとする公爵夫妻の真意にいたるまでを詳細に記して、夫婦としての二人やメディア、ロイヤルファミリーの真実を明らかにしてゆく。
 独自の取材と、二人にもっとも近い人たちの協力を得て書かれた本書は、自信に満ちて影響力がある、前向きなカップルのほんとうの姿に肉薄している。二人は伝統を破ることを恐れず、スポットライトの外で新しい道を切り拓き、世界を根底から変えてゆくような人道的レガシーを構築しようしている。

著者プロフィール

オミッド・スコビーは、ロンドンを拠点にするライターで、誌の王室担当編集者、ABCニュースの寄稿者、『グッド・モーニング・アメリカ』のレギュラー出演者、ABCの人気王室ポッドキャスト『The HeirPod』のホスト。王室の若いメンバーたちの海外公務に同行し、彼らの生活や慈善活動に一家言をもつことから、サセックス公爵夫妻の仕事の場にも精通している。誌のヨーロッパ支局長を皮切りに、イギリス王室メンバーの取材に携わる。ロンドン芸術大学でジャーナリズムを学んだ。

「2020年 『自由を求めて(下)ハリーとメーガン 新しいロイヤルファミリーを作る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オミッド・スコビーの作品

ツイートする
×