「自然死」のすすめ~「死に上手」になるために~ (扶桑社新書)

著者 :
  • 扶桑社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086862

作品紹介・あらすじ

本書の主旨
超長寿社会のなかで、置き忘れられているのが、長生きしたその先にある、どうやって平穏に旅立っていけるかです。残念ながら現在の日本の病院は、平穏に旅立たせてくれる場所ではありません。病院は「生かす」ことが目的ですから、延命治療が行われます。その方法は、平穏とはほど遠い施術です。
本書には、なるべく病院のお世話にならず、幸福なまま旅立つための大事な心得が詳細に書かれています。
長生きを楽しみつつ、平穏なままエンディングを迎えるために、是非、本書をご一読ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死ぬことの不安の解消とそれまでの自活について道標。

    孤独死は決して不幸では無く、頑張って生き抜いた証である。
    一人でしっかり生き、地域との交流もして、共存共栄して行けたらハッピー。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授

「2021年 『命には続きがある』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢作直樹の作品

ツイートする
×