目覚めの朝に花束を(下) (海外文庫)

  • 扶桑社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594086893

作品紹介・あらすじ

アイルランドに到着したブリーンは、長期
滞在用のコテージに腰を落ち着け、念願だ
った小説の執筆にとりかかっていた。ある
朝、子犬に導かれて林の奥へ分け入った彼
女は、いつしかこの世界とは異なる別の世
界へと足を踏み入れたことに気づく。今も
魔法の息づく異世界タラム。この地こそが
父の真の故郷にして自らの出生地であり、
自分にも秘められた力があることを祖母を
通じて知ったブリーンは、やがて戦士キー
ガンと運命の再会を果たす……巨匠待望の
アイリッシュ・ファンタジー三部作開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これで終わりではなかった。続編があるんですね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

Nora Roberts
ノーラ・ロバーツ
1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするやいなや、一躍ベストセラー作家に。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には〈タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人〉の第7位に選ばれている。ロバーツ名義のほか、J.D.ロブ名義では〈イブ&ローク〉シリーズを発表。これまで刊行したタイトルは200点に達し、全世界で累計4億部を超える売上を記録。「ロマンスの女王」として今も世界中のファンを魅了している。

「2021年 『リッツォ家の愛の遺産(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノーラ・ロバーツの作品

ツイートする
×