オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編 (扶桑社ムック)

著者 :
  • 扶桑社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594613259

作品紹介・あらすじ

お笑いコンビ・オードリーによる、ニッポン放送の人気番組
「オードリーのオールナイトニッポン」が10周年!!
その10周年を記念した全国ツアーに続いて、
番組の歴史やオリジナルコンテンツがつまった番組本が完成!
特別編集の番組CDも付いて盛りだくさんの内容です!

【内容】
*巻頭グラビア企画 オードリーと学生時代
*対談 岡村隆史(ナインティナイン)×若林正恭
*春日語録カレンダー
*「オードリーのオールナイトニッポン」10万字超! 番組クロニクル(2009~2012年)
*特別インタビュー 作家・朝井リョウ、安島 隆(日本テレビ)
*スペシャルエッセー 作家・中村 航
*オードリーエピソード漫画 漫画家・所 十三
*春日俊彰のアート企画
*オードリーのオールナイトニッポン10周年 全国ツアー 青森公演&生放送レポート
*特別編集の番組CD

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オードリーのANN10周年を記念した番組本です。
    初期の頃はラジオを聴けていなかったので、番組の成り立ちや裏話などとても興味深い内容でした。
    ナイナイ岡村さんとの対談や朝井リョウさんのインタビューなど豪華な内容となっているのでファンなら買って損はないかと思います。

  • 【No.42】「芸人って、おもしろいと思うことをやるくらいしかできないんですよね。”これからこの番組をもっとおもしろくしよう”とか、勝手に考えてても急に番組が終わるっていう経験が何度もあったから。だから、そのときに自分が出せる最大限のものを出すしかない(若林)」「外からの刺激に対して、逃げたり、防御したりしない。ノーガードでそのまま食らってるだけ。何も考えない。考えるから、抵抗したくなったり、ストレスになったりするわけでしょ。状況が変わらないなら、考えるだけムダ。何も考えずに、ただ宇宙を漂ってるような生き方の方がラクだよね。だから、むつみ荘にも住めるし、東大受験やエアロビもやれる(春日)」「印象的だったのは、やっぱり東日本大震災後の放送ですね。2時間誰も傷つけないトークして、笑いをかっさらっていったのは、オードリーの真骨頂だった(ディレクター宗岡さん)」「ふたりとも同じ学校に通って、同じものを見て育っているのに、心の動き方や行動がまったく違う。それが結果的にすごく広い範囲で、リスナーに網をかけてくれている気がします。おふたりの話から自分がこぼれ落ちる感じがしないというか(朝井リョウ)」「何かモノを生み出す人って、些細なことでいちいち引っかかるし、めんどくさいんですよ」

全2件中 1 - 2件を表示

オードリーの作品

ツイートする