分とく山 野﨑洋光のおいしい小鍋 (扶桑社ムック)

著者 :
  • 扶桑社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594616458

作品紹介・あらすじ

コツを覚えればたちまちプロの味!
和食の名人が教える46の絶品小鍋レシピ

サッと作れて、野菜もたっぷり採れる鍋は冬にうれしいお手軽メニュー。
これが名人の手にかかると、いつもの食材を使っても大変なごちそうになるのです。

●食材を「霜降り」する
●食材は水から入れて煮る
●ぐつぐつ煮立てない

とっても簡単ですが、コツはこれだけ。
本格的にだしをとる必要もなく、誰でもたちまちおいしい鍋が作れるようになります。

本書の小鍋レシピは1.5人~2人分。ご夫婦や、ひとりでも楽しめる量です。
外食がやや楽しみにくい今の時代、ご家庭でプロの味を堪能してください。


(撮影スタッフが大興奮!)
「水から煮るだけでどうしてこんなにおいしいおだしが出るんですか?」「ズッキーニをこんな切り方したことないです! 美しい!」「先生、これは相当いい食材ですね…!(実際はスーパーで買ってきた普通の食材でした)」と、野崎先生の技に感嘆の声を上げた撮影スタッフ。絶品レシピをみなさまもどうぞお楽しみください。

著者プロフィール

日本料理店総料理長。1953年福島県生まれ。1989年に日本料理店の総料理長となる。家庭料理には家庭料理に合った調理方法をと、手軽なだしのとり方や簡潔な下ごしらえ、レシピなどを提案し続けている。NHK「きょうの料理」などにも出演。

「2020年 『巨匠直伝! 究極の缶詰レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野﨑洋光の作品

ツイートする
×