公共哲学 (放送大学大学院教材)

  • 放送大学教育振興会
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784595139383

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5章までのそもそも公共哲学とは、そして、その展開とは、の部分は、はしょりすぎ、詰め込みすぎな感があり、抽象度も高く、理解に苦しんだ。しかし、参考文献(原著)を読んだ上で、通読を繰り返すと、とてもよくできた教材であると感じた。

    良かった箇所
    ・実証主義に収まりきらない論点がある…バーリンの指摘(P13)
    ・コノリーのルサンチマンをめぐる洞察(P81)
    ・カールシュミットの指摘「個人が価値の担い手であり、国家が手段であることを明確にするのが信教の自由を保証することの核心であ」る。(P112)
    ・電波法、放送法の解説(P129)※たしかに、放送にだけ表現の自由がないのは疑問。
    ・家事労働の意義(P161)
    ・交換=交歓をめぐる高木仁三郎の記述(P163)
    ・社会保障における「プロテクション」と「プロモーション」の両輪の重要性(P174)

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

山岡 龍一(放送大学教授)

山岡龍一の作品

ツイートする