ジェンダーの社会学 (放送大学教材)

著者 :
  • 放送大学教育振興会
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784595308512

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまでは専ら高等教育論と呼ばれる分野に関心を寄せていたが、最近では女子大学の存在意義や理念を知りたいと思い、最も近い隣接分野と思えるジェンダー論の教科書の一つである本書を手に取った。これまで大学史や大学の理念の基本書を通読して、一つひとつ状況を理解するよう努めていたつもりだったが、対象としているのはおそらくほとんど男性の学生、教師、スタッフであったといえる。その研究者・分析者も同様である。この視点は本書で指摘されるまで全く意識していなかった。もう一つ検討の視点をあげるとすれば、社会の考え方として、「集団と集団の相互作用の中で持続的に作られている」(p.19)という見方である。高等教育界隈の事象を実証研究しようと努めてみると、この立場に立たざるを得ないことに気づくことが多い。

  • 開発途上国におけるジェンダー政策は、福祉、公正、貧困撲滅、効率、エンパワーメントの5つのアプローチがある。男性主導から女性も参加するように、というのが開発でのジェンダー。

全1件中 1 - 1件を表示

伊藤公雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジェンダーの社会学 (放送大学教材)はこんな本です

ツイートする