日本古代中世史 (放送大学教材)

  • 放送大学教育振興会
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784595312540

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕府ということばは、早くても江戸時代後期、もっといえば武家政権を研究するために明治時代から本格的に使われるようになったと明記してあって、わかりやすい。霜月騒動は、御家人代表と得宗御内人との対立とする見方とは異なった見解があることも知った。

  • 放送大学がテレビで見られるので買ってみた。まあ教科書だったかなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

五味文彦(ごみ ふみひこ)
1946年生まれ。東京大学名誉教授
[主な著書論文]『院政期社会の研究』(山川出版社)、『増補吾妻鏡の方法』(吉川弘文館)、『春日験記絵と中世』(淡交社)、『中世の身体』(角川学芸出版)、『日本の歴史5 躍動する中世』(小学館)、『中世社会のはじまり』(岩波新書)ほか。

五味文彦の作品

日本古代中世史 (放送大学教材)を本棚に登録しているひと

ツイートする