国際理解のために〔改訂版〕 (放送大学教材)

著者 :
  • 放送大学教育振興会
4.75
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784595319440

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国際社会がいかにヨーロッパ寄りかわかる目からウロコの落ちる本です。ユダヤ人がヨーロッパで無事平温で住めれば何も問題は起きなかったのに。オスマン帝国は宗教に寛容でユダヤ教、キリスト教、イスラム教が仲良く暮していたのに。イスラム教のイメージが日本では良くないけどそれも欧米を通して見た視点でしかないことにも気付かされます。筆者の高橋和夫先生はたまにテレビでパレスチナ問題について解説しています。

  • 下手な新書より面白い。ゾロアスター教を扱っているのは珍しい。日本が抱えている領土問題も一通り扱っているので、興味深く読めた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

放送大学名誉教授。福岡県北九州市生まれ、大阪外国語大学外国語学部ペルシア語科卒、コロンビア大学国際関係論修士、クウェート大学客員研究員、放送大学教員などを経て2018年4月より一般社団法人先端技術安全保障研究所会長。主な著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『中東の政治』(放送大学教育振興会)、『最終決戦トランプvs民主党』(ワニブックス)、『パレスチナ問題の展開』(左右社)など、多数。

「2022年 『イスラエル vs. ユダヤ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋和夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×