ひとりより孤独 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 10
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596117212

作品紹介・あらすじ

ゴージャスなペントハウス、男らしくハンサムな夫。ジーク・ブキャナンと結婚して二年、マリアンは幸せだった。だが、ペントハウスのインテリアをデザインしたのが、夫の昔の恋人だと知ったときから幸せに陰りが生まれた。しかもその女性はジークに請われて、彼とともに仕事をしている。夫の元恋人がデザインした家に住むのはいやだ。夫がその女性と一日の多くの時間を共有するのはもっといやだ。ジークに訴えたが、彼はヒステリーだと言って片づけた。彼は妻の心を知りたいとも、妻に自分の心を知ってほしいとも思わない。このまま一緒にいては二人の結婚は本当にだめになってしまう。家を出よう…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この小説を読んで思い浮かんだのは「イクメン」という言葉でした。恐らくですが、この作品が出た頃はまだ、この言葉がそこまで一般的ではなかったと思われます。

    主人公のマリアンは二年前に劇的な恋愛結婚をして、社長夫人として幸せに暮らしていました。しかし、若くして大学進学の夢を諦め家庭に入った彼女は、一度は諦めた夢をもう一度追い求めたい、叶えたいという強い希望があります。
    しかし、夫のジークは妻の気持ちを理解するどころか、マリアンがその話を持ち出すと話をそらしてしまいます。
    ―私は夫の作った綺麗な鳥籠に閉じ込められて、彼の帰りを待つだけの存在にはなりくたない。
    その想いが高じ、ついに彼女は家を出てしまいました。

    ―僕はどんなことがあっても君とは別れない。
    執拗に追ってくる夫、ですが、実はマリアンも夫を愛しています。
    ―愛しているからこそ、本当の私を見て欲しい、理解して欲しい。
    自分は綺麗なだけの人形ではないとジークに訴えるヒロイン。
    実はジークは幼くして孤児院に預けられ、各家庭を転々として過去を持ち、そのために自分を他人にさらけ出すことができず、また逆に他人を全面的に信用すこともできなくなっていました。
    そのために、妻を家庭に閉じ込めて自分を裏切らせないようにしていたのです。
    夫の真実を理解したマリアンは
    ―私はけして、あなたを裏切らない。
    ジークに告げるのですが、、、

    この物語りはハーレクインによくあるように、「愛を失いかけた夫婦の再生の物語り」であるといえます。最初の「イクメン」については、きっとこの作品を最後まで読み通したら、お判りいただけることと思います。ハラハラしながらも、ホロリとさせられる良い作品でした。

  • 1721

  • R-1721

全3件中 1 - 3件を表示

ヘレン・ブルックスの作品

ひとりより孤独 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×