背徳のキス (ハーレクイン・ロマンス (R1902))

制作 : 田村 たつ子 
  • ハーレクイン
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596119025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半はじれったいものの、これぞハーレクイン!とっいった雰囲気の、文句なくさくっと楽しめる一品。
    苦労して生きてきたバージンの未亡人。義憤にかられ、ジョアンナを大切にしたコンスタンティンとのいたわり合いは、素晴らしいものではあるのだが、このおやじも、本気であと20年若ければッ!と思っているあたり、かなりタヌキなキャラだった。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4142.html

  • おとうちゃんが偉大だ~

  • R1902来るべきではなかったのかもしれない。老カストロの邸宅を見上げ、ジョアンナはそっとため息をついた。ギリシアの富豪と聞いてはいたけれど、まさかこれほどとは!老カストロに促され、戸惑いながら彼女は邸宅に足を踏み入れた。六十七歳の父親が連れてきた若い恋人に、カストロ家は大騒ぎだった。財産目当ての計算高い女―周囲の視線が、突き刺すように痛い。そして二日目。最悪の出会いが待ち受けていた。長男のデメトリオス・カストロが出張から帰ってきたのだ。恐ろしく整った風貌に、敵意をたたえて光る漆黒の瞳。彼には近づかないほうがいいわ―本能がそう言っている。だが、ジョアンナは気づいていなかった。デメトリの瞳に浮かぶ敵意の裏に、苦悩に満ちた、実の父親への嫉妬が隠されていることを…。 HR174

全3件中 1 - 3件を表示

アン・メイザーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

背徳のキス (ハーレクイン・ロマンス (R1902))はこんな本です

ツイートする