誘惑のチェス・ゲーム―非情な恋人〈3〉 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596123510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • イタリア人実業家、セルジョのロンドン・オフィスの一角には、プレイ途中の高価なチェス盤が展示してある。“手を触れないでください”と表示されているにもかかわらず、この三週間、夜ごと一手ずつ駒を動かす者がいる。セルジョが舌を巻くほどの腕の持ち主だ。意外なことに犯人は、夜間、ビルの清掃作業に通うキャシーだった。ある辛い過去ゆえ、ひっそりと暮らす女性だが、そんな事情を知らないセルジョは好奇心をそそられ、彼女の行為は自分の気を引くための策略に違いないと考えた。彼は警備主任を制して言った。「この件は僕が処理する」。

    リンにしてはヒーローの傲慢度が低め。そのせいか全体のバランスが良かったと思う。ヒロインの冤罪をからめた人間模様も秀逸で読ませる。

全1件中 1 - 1件を表示

リン・グレアムの作品

ツイートする