賭けられた花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596129789

作品紹介・あらすじ

賭に負けてスコットランドの古城を失ったと父から知らされ、アンジェリークはショックを受けた。相手が長年の宿敵、レミー・カッファレッリだと聞けばなおさらだ。あの城は亡き母の大切な生家。絶対に取り戻さなければ。アンジェリークはレミーが滞在するダービリ首長国に向かい、直談判するため、彼のホテルの部屋に忍び込んで待つことにした。だがこれが、思いがけない展開を生んでしまう──この国では独身男女が二人きりで会うことは禁じられていたのだ。役人に見つかって連行され、動揺するアンジェリークの耳に、レミーの予想外の言葉が聞こえ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カッファレッリ家の祝祭Ⅲ

    「彼がダイヤを贈るとき」 (R-2962)
    「白馬に乗れない王子」 (R-2969 )
    関連作品

    とりあえずヒロインが五月蠅い。我が儘というか。
    自分の行動には自分で責任をとりましょ~。
    おかげであんまり感情移入出来なかったなぁ…。

  • はっきりものを言うヒロインは嫌いじゃない。
    ハーレにありがちないつもやられっぱなしのヒロインより、真正面から戦うヒロインに魅力を感じた。

  • ☆3.5
    普通のR
    ヒーローが昔からヒロインのことを…とか好きな要素はあるんだけど、ヒロインがキャンキャンうるさすぎ(わけアリなのは分かるけど)。いい話風の要素はあるけど、確執は修復させるか、絶縁するか、ヒロインの自立はどうなったのか、など話のスパイスどまりで中途半端なままでもやもや。

全3件中 1 - 3件を表示

メラニー・ミルバーンの作品

賭けられた花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×