シンデレラと聖夜の奇跡 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596130259

作品紹介・あらすじ

弟の学費を工面できずに苦悩していたオードリーは、仕事の休憩中に上級秘書たちの会話を偶然耳にして唖然とした。若くして巨万の富を築き上げたヴィンチェンツォ・トマジ――エキゾチックな黒髪、地中海のように美しい青色の瞳、そして映画スターのように見事な体躯を持つ完全無欠のCEOが、義理の子供のため、母親役を務める女性を雇おうとしているなんて。ずっと秘かに憧れていた彼の元で、幼い子供たちの世話をする……それで弟が進学できるのなら、もう私が欲しいものなど何もないわ。ところが面接に臨んだオードリーに、ヴィンチェンツォは言

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【再読】クリスマスシーズンなので再読。ヒーローもヒロインも愛情深くていい人。それに比べて酷いのは両親たちo(`ω´ )o季節柄なのかこの作品も読後はほっこり。

  • クリスマスにぴったりのあたたかいロマンス!!
    孤独に頑張って来たヒーローの優しさが引き出されていって良かった

  • 弟の学費を工面できずに苦悩していたオードリーは、
    仕事の休憩中に上級秘書たちの会話を偶然耳にして唖然とした。
    若くして巨万の富を築き上げたヴィンチェンツォ・トマジ――
    エキゾチックな黒髪、地中海のように美しい青色の瞳、
    そして映画スターのように見事な体躯を持つ完全無欠のCEOが、
    義理の子供のため、母親役を務める女性を雇おうとしているなんて。
    ずっと秘かに憧れていた彼の元で、幼い子供たちの世話をする……
    それで弟が進学できるのなら、もう私が欲しいものなど何もないわ。
    ところが面接に臨んだオードリーに、ヴィンチェンツォは言った。
    「母親だけじゃない。僕の妻を演じるのも仕事だ――昼夜を問わずね」

全4件中 1 - 4件を表示

ルーシー・モンローの作品

シンデレラと聖夜の奇跡 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする