愛妾の娘 (ハーレクイン・ロマンス)

制作 : 霜月 桂 
  • ハーレクイン
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596130396

作品紹介・あらすじ

「裁判所に訴えて、子供たちを認知してもらうわ」ベルは震えながら、クリスト・ラベッリに向かって宣言していた。彼の父親ガエターノの別荘で、母は家政婦として長く仕えてきた。館の主を愛し、5人の子をもうけ、日陰の身にずっと甘んじたまま。母が逝き、ガエターノも亡くなった今、父親違いの弟妹たちと遺され、ベルは途方に暮れていた。そんなとき現れたのが、クリストだった。彼は子供たちの存在を認めず、冷酷にも養子に出すようにと迫る。ベルは弟妹を守るため、とっさに法廷に持ち込むと言ったのだった。だが醜聞を避けたいクリストは、思惑

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒーローはいい人。
    ヒロインがね。
    なんだこの女って感じ…。
    暴走機関車で魅力0。
    関連作でも、義妹の邪魔にしかなってませんけど…。

  • 故ガエターノ・ラッべリを父に持った三人の異母兄弟のミニシリーズの一巻目。
    女性にだらしのなかった父の尻拭いをすることになった長男クリストのロマ。
    クリストが、異母弟ニックの秘密を三男ザリフに伝え、ザリフが口をすべらせ、ニックの結婚が破綻しそうな状態で、さらなる兄弟ができることを公にしたくないクリストは、自ら父の愛人の元へ赴く。
    ニックの妻に淡い気持ちのあることも罪悪感を感じている。
    そんな彼は、父の愛人だと名乗るどう見ても年若い美しい女性に心を奪われる。
    お嬢さん!無理があるって!と、突っ込みながら、転がってくれたまえ。
    鬼展開はないが、ハラハラドキドキのリンらしい、情熱ロマ。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4433.html

  • お待ちかね、リン・グレアムの新しい3部作〈大富豪の飽くなき愛〉が始まります! 放蕩者の父親と、それぞれ違う女性との間に生まれた3兄弟は、イタリア系長男クリスト、ギリシア系次男ニック、そして砂漠の国を治める三男ザリフ。毎月20日の刊行をお見逃しなく!

  • いつものリン
    なんか最近のリンヒーロー、拍子抜けするほど普通にいい人が多いな
    丁寧で良かったけど

全4件中 1 - 4件を表示

愛妾の娘 (ハーレクイン・ロマンス)のその他の作品

リン・グレアムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛妾の娘 (ハーレクイン・ロマンス)はこんな本です

ツイートする