青い傷心 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596131331

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 父親の再婚により2人の義兄が出来たヒロイン。
    長兄に恋をするが寄宿学校に入れられ離れ離れの時を過ごす。
    学校を卒業し1年半ぶりに再会するーー。

    継母は良い母親だったはずなのになぜそこまで執拗に義兄との仲を反対するのかよく分からなかった。
    ヒーローもちょっとハッキリしなさすぎて振り回している。
    これまた当て馬の次兄が結構素敵に思えた。
    ヒーローがいつヒロインを好きになったのかも描かれていないのは残念。

    1975年。

  • アン メイザーらしい、かなりアクの強い鬼ロマ。
    ロバートがはっきりと婚約したことをヒロインに言わないまま、曖昧に独占欲だけ発揮してウロウロする様は、かなりトホホ。ヒロインも自分を持て余し、あちこちにちょっかいをかけてしまう行動でさらにトホホ。
    この時代に多いロマンス小説らしく男性ヒロインの視点はないので、後半の父の爆弾でさらに混迷を極める。
    年上の男に求める、ある頼りがいのある男性像を求めると外れる。
    ロバートなにやってるんだよ!と突っ込みがのある鬼ロマだが、私は結構好きです。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-5051.html

  • ヒーローがちょっと病的?鬱になって自殺とかしちゃいそう。

  • ヒロイン以外の頭の中が見えないから(ヒーローや両親)、かなり傍観的にしか読めなかった。古い作品だからしょうがないけど。

全4件中 1 - 4件を表示

アン・メイザーの作品

青い傷心 (ハーレクイン・ロマンス)を本棚に登録しているひと