愛される季節は過ぎて (ハーレクイン・イマージュ)

  • ハーレクイン
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596222114

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「瞳の中の楽園」未読。ニックとリース。
    将来の為短期のナニーになるヒロインは想像とは違いすごく陽気で自立心の高い女性だった。ヒーローのプロポーズも素敵だった。ラストのサプライズも笑っちゃった。

  • 証券会社経営が夢の大学院生リースが、夏の休暇に学費の為に選んだのがナニーだった。生後3か月の母親を亡くした幼児の父親は、一族で証券業を営むニコラス・ウェインライト。バリバリのキャリア希望なのに子供好きなリース、実際にそんな女性がいるかは別にして、女性の就業についてを題材に真面目に取り組んだ姿勢は、さすがレベッカ・ウィンターズです。
    「瞳の中の楽園」関連作。

  • ニックがリースにぐいぐい惹かれていく疾走感みたいな感じがいい。その分後半いきなりの別れが辛い。ヒロインのクレバーさが際立つ作品。2012.2

  • 普通のイマージュ

    ヘラルドスクエアにあるデパートはマーシーズじゃなくてメイシーズだよね…

全4件中 1 - 4件を表示

レベッカ・ウインターズの作品

愛される季節は過ぎて (ハーレクイン・イマージュ)を本棚に登録しているひと

ツイートする