ある日突然、シンデレラ (ハーレクイン・イマージュ)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596226426

作品紹介・あらすじ

くしゃくしゃのスーツからドレスへ。
王子は彼女を妃に名指しした。

「僕は国王になる。ついては、君と結婚したい」
レイチェルは耳を疑った。少し前に職場を辞めたマテオが、
実は王子だった? それに、私にプロポーズですって?
ハンサムな顔立ち、力強い長身、エーゲ海と同じ色の瞳をした彼に、
レイチェルは何年も友人として接してきた――片想いは胸に秘めて。
マテオから女性として見られていないのは、私がいちばんわかっている。
当然、彼女は断ったが、マテオはなぜなのか理由をききたがった。
屈辱で顔を真っ赤にし、レイチェルは涙をこらえた。
身分の違いや、見劣りする容姿を口にして恥をかきたくはなかった。
でも憧れの男性と結婚し、子供が持てると思うと心は揺れて……。

王子からいきなり求婚され、悩んだ末に王族の一員となったヒロイン。ただし、この“シンデレラ”は王子に愛されてはいませんでした……。友情は結婚の土台になると信じるヒーローに、毎日恋しては毎日失恋する、ヒロインの心情が追体験できる切ない名作です!

ケイト・ヒューイットの作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×