幼すぎた結婚 (ハーレクイン・イマージュ)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596226471

作品紹介・あらすじ

天使になった子の写真を胸に、
あれからもう13年が過ぎた。

レイチェルは18歳でドミニクと恋に落ち、結婚した。
その若すぎる結婚は、妊娠が理由だったため、
ドミニクが大学進学を延期して働き、ふたりで出産に備えた。
ところが、赤ん坊を亡くす不幸に見舞われ、その日を境に、
ふたりは未来も、希望も……愛さえもわからなくなってしまった。
離婚後、レイチェルは看護師として自立し、
今ようやく心の痛手を乗り越えて、再出発できそうだった。
なのに、移り住んだロンドンで、しかも新たな勤め先の病院で、
医師になったドミニクと再会するとは!
とたんに、亡き息子と3人で撮った最後の写真の記憶が甦り……。

HQロマンスでも大活躍のスター作家キャロル・マリネッリが贈る、感涙必至の珠玉作! ドミニクとの再会を機に、失った小さな命の大きさを痛感し、今ふたたび胸を締めつけられるレイチェル。かつては幼すぎて、なすすべなく手放してしまった愛の再生物語です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 救急科の看護師として働くヒロインの元に別れた夫のヒーローが麻酔科医としてやってきた。
    二人は若い頃に結婚し、子供を流産したあとに別れていた。

    ヒロインは幼い頃に母親を亡くして以来感情を抑えて生きてきたので、夫だったヒーローにも全てをさらけ出していたわけではなかった。
    そんなヒロインが終盤大泣きすぐ姿にもらい泣き。
    ヒーローはようやくヒロインの心の壁をやぶれたのです。

    全体的にテンション暗めで進む話だったけど、最後のエピローグで幸せになった姿が書かれていて春がきたーと感じました(笑)
    まさに放題通りのおはなし。

  • ☆3.5

    10代で結婚し子供を亡くしたことをきっかけに別れた元夫と同じ病院の同僚として再会。

    元夫や元恋人との再会ものって設定的にはマリネッリの医療もの王道だと思うけど、マンネリに見せかけて久しぶりに良きマリネッリだった。
    珍しくオーストラリアではなくロンドンが舞台
    高校生で出会い付き合い妊娠、結婚と10代の純粋な恋愛が描かれているのも珍しかった気がする。
    昨年出版された作品のようだけど近年も精力的なようで嬉しいですね。

    2020年。

全2件中 1 - 2件を表示

キャロル・マリネッリの作品

ツイートする
×