恋愛はラテン式に (ハーレクイン・ロマンス・エクストラ)

  • ハーレクイン
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596307101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    モンロー『憂鬱なフィアンセ』―留学先からギリシャに帰国したフェーベは、ペトロニデス家の長男との婚約を解消しようと決心していた。本当は次男スピロスのほうを愛していたから。だが、親族が決めた婚約の破棄は許されない状況に陥る。婚約者の援助がなければ父の会社は倒産してしまう…。
    メラニー『ローマの熱い風』―アリーは双子の妹を訪ねてローマに来たところ、緊急事態に直面した。妹は失恋が原因で自殺未遂を起こしていたのだ。失恋相手の親族ヴィットーリオは大富豪で、一族の平穏を守るためアリーに自分の恋人のふりをするよう命じる。彼女が双子の姉であるとも知らず。
    トリッシュ『情熱の取り引き』―シドニーに住むリアは弟が作った借金の返済に頭を抱えていた。ある日、彼女の前に一人の男が現れる。スペインで半年間だけ熱い愛を交わしたアレハンドロだ。実業界の大物の彼は、リアの弟の借金を肩代わりする見返りに、またベッドをともにするよう要求した。

  • 全3話収録。ラテンはちょっと濡れ場が多い様子です。

    「憂鬱なフィアンセ」
    お前は何を言っているんだ
    ていうか何がどうなっているのかよくわからなかった…!

    「ローマの熱い風」
    お前は何を言っているんだ
    入れ替わりネタってよくあるのかな…

    「情熱の取り引き」
    これはかなり好きだった!
    ヒーローがじっとりしているのがよい。
    二次的な変換で大変おいしゅうございました。

  • 『憂鬱なフィアンセ』―留学先からギリシャに帰国したフェーベは、ペトロニデス家の長男との婚約を解消しようと決心していた。本当は次男スピロスのほうを愛していたから。だが、親族が決めた婚約の破棄は許されない状況に陥る。婚約者の援助がなければ父の会社は倒産してしまう…。
    『ローマの熱い風』―アリーは双子の妹を訪ねてローマに来たところ、緊急事態に直面した。妹は失恋が原因で自殺未遂を起こしていたのだ。失恋相手の親族ヴィットーリオは大富豪で、一族の平穏を守るためアリーに自分の恋人のふりをするよう命じる。彼女が双子の姉であるとも知らず。
    『情熱の取り引き』―シドニーに住むリアは弟が作った借金の返済に頭を抱えていた。ある日、彼女の前に一人の男が現れる。スペインで半年間だけ熱い愛を交わしたアレハンドロだ。実業界の大物の彼は、リアの弟の借金を肩代わりする見返りに、またベッドをともにするよう要求した。

    契約結婚もの。パターンはほぼ一緒。「憂鬱なフィアンセ」は「愛だけが見えなくて」のスピン。そっちよりも面白かったような。
    「情熱の取り引き」にヒーローはいかにも愛を知らないと思っているヒーローだった。

全4件中 1 - 4件を表示

ルーシーモンローの作品

恋愛はラテン式に (ハーレクイン・ロマンス・エクストラ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×