恋のルールを忘れたら―真夜中の熱い夢 (ハーレクイン・テンプテーション―Blaze (T427))

制作 : 駒月 雅子 
  • ハーレクイン
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596314277

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大家族で幼いきょうだいの世話に追われて育ったトルーディは、ようやく自由を手に入れて、憧れのニューヨークに降り立った。目標は、誰にも縛られずに刺激的な独身生活を謳歌すること。ところが、そんな彼女を心配した親友はお目付役を連れてきて、新しい生活に慣れるまでの間、彼と行動をともにしろと言う。堅物のリンクが横にいたら、恋も冒険もできないじゃない!でもよく考えてみると、彼は洗練された都会の男性そのもの。しかも私と同じく、結婚を毛嫌いしているらしい。思いきり大胆な一夜を過ごすなら、理想的な相手だわ―。

    親友同士の紹介もの。といっても積極的なのはヒロインの親友のほうで、ヒーローの親友は二人のことについては懐疑的。
    とにかく明るいセックス描写。ヒロインは田舎での暮らしから解放されてニューヨークで奔放な生活をしてみたいと思っている。それだけに求めていることに積極的。もし日本なら、あり得ない。北海道の奥地から東京に来たとしても、こんなヒロインのような行動は取らないだろう。けれどヒロインの行動に嫌みがないからいやらしさは感じない。むしろヒーローと一緒にヒロインを楽しめてしまう。
    そしていつも引き入れられる側だったヒーローが、ヒロインに演じてみせたこと。グッとヒーローの株が上がった。
    「僕をその男たち全員にしてくれ。トルーディー、僕は君が望むどんな男にもなれる。僕には君が必要なんだ。僕が君の相手として通用することを証明させてほしい」
    いいじゃん、ヒーロー。

全1件中 1 - 1件を表示

ヴィッキー・L.トンプソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

恋のルールを忘れたら―真夜中の熱い夢 (ハーレクイン・テンプテーション―Blaze (T427))はこんな本です

恋のルールを忘れたら―真夜中の熱い夢 (ハーレクイン・テンプテーション―Blaze (T427))を本棚に登録しているひと

ツイートする