キスで始まる愛人契約―モレッティ一族の呪い〈3〉 (ハーレクイン・ディザイア)

  • ハーレクイン
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596513724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 弟の借金を肩代わりしたり、甘やかすことが弟への愛情ではない。
    ハーレクインとか、割とこういうパターンで親やきょうだいをかばうヒロインが多いけど、根本的な解決になってない。
    本人のためになってない。
    その間違った接し方が自分を追い詰めるだけ。
    それで自分が犯罪者になってるんだから。信じられない。
    普通なら訴えられてるよ。

  • 弟に振り回されるヒロインにいらいらしました。できる秘書という設定だったのに悪いことに手を染めたことが信じられない。まあ、そうでなければこのお話は成り立たなかったんですが。愛人契約で刑務所行きがなくなって今度は、二人の未来に希望をつなげていくことも考えられない。いくら好きでも犯した罪の償い(それが愛人契約っていうのも・・・惚れているのね)なのに・・・ヒロインの考え方が好きではないです。

全2件中 1 - 2件を表示

キャサリン・ガーベラの作品

キスで始まる愛人契約―モレッティ一族の呪い〈3〉 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×