憎いのに恋しくて―誘惑された花嫁〈2〉 (ハーレクイン・ディザイア)

制作 : Maya Banks  藤峰 みちか 
  • ハーレクイン
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596515414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆4+α
    良いマヤ・バンクス
    ほんとヒーローの鈍さが残酷で、む~~~と思いながらも
    ヒロインの怒りや悲しみ→やっぱり愛しているのでつい流されそうになり…という心の揺れや
    ヒーローを愛しているからこそ彼と家族の絆を断ちたくないと悩んだりするところに
    めちゃくちゃ感情移入。
    あと、幸せをかみしめてたのに付きつけられる辛い現実とか。
    最近人気の作家らしいけど、切なくてちょっとウェットなところが日本人好みなのかな。

  • <blockquote>内容(「BOOK」データベースより)
    ケリーは仕事先のカフェで大富豪ライアンと出会ってひと目で恋におち、すぐに一緒に暮らし始めた。だが、幸せな日々は長くは続かなかった。二人を引き裂くおぞましい陰謀―ケリーは彼の弟に襲われたのだ!すんでのところで逃げ出し、愛する男性のもとへ向かった彼女をライアンは憎々しげに罵倒した。そして一方的に、婚約破棄を宣言した。彼女の言葉に耳を貸そうともせず、手切れ金だという小切手を投げつけて。なぜ私を信じてくれないの?!ケリーは絶望し、彼の前から姿を消すが…。</blockquote>
    小切手が換金されてないのでヒロインを探し、妊娠(7ヶ月くらい)してるので仕方なく結婚。終盤までどや顔で「僕は君を許す」とか言ってる決め付けヒーローに反吐が出る。
    死ぬまでずっと無実の罪でヒーローにチクチク言われるなんて到底耐えられん(とヒロインも最後にやっと思い至った)。あんな義母と義弟から守ってくれそうもないし。
    ヒロインももっと早く真実をぶちまければいいのに。そーすると話終わっちゃうからか。
    ネットの試し読みを再読してもヒーローにむかついたので★2。

    再会すると妊娠してたってのは『<a href="http://mediamarker.net/u/m171/?asin=4596514410" target="_blank">心があなたを忘れても</a>』もそうだったなあ。こっちは面白かったんだけど、2回目には飽きるってことか。

全2件中 1 - 2件を表示

憎いのに恋しくて―誘惑された花嫁〈2〉 (ハーレクイン・ディザイア)のその他の作品

マヤ・バンクスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

憎いのに恋しくて―誘惑された花嫁〈2〉 (ハーレクイン・ディザイア)はこんな本です

憎いのに恋しくて―誘惑された花嫁〈2〉 (ハーレクイン・ディザイア)を本棚に登録しているひと

ツイートする