教皇のスパイ (ハーパーBOOKS)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596541505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 宗教観が違ってて理解しながら読んだ為スピード感や内容そのものの面白さには至らなかった。フィクションとはわかってるが、過去の事実も散りばめられてるから凄くリアルで、逆にカトリック信者の感想を聞きたいと思った。

  • ガブリエルシリーズ最新作。ローマ教皇が突然亡くなり、コンクラーベが行われる。教皇の最側近の司教は死亡原因等に不信を持ち、ガブリエルに助けを求める。作者は全てフィションであると明言しているが、ローマ・カトリック教を支配しようとする聖職者、極右政治家の欲望があらわになるにつれ、現実にありうるのでは思ってしまった。本作の主要なテーマはユダヤ教とキリスト教にある。ユダヤ人はなぜディアスポーラとなったのか。何故長い間迫害の対象となったのか。全てはキリストの死に始まるがそれは事実なのか。歴史というものは、時の権力者によっていかようにも書き換えられてたきたという事を改めて思った。
    著名な経済学者であるポール・クルーグマンは、「反ユダヤ主義と人種差別を土台としたポピュリズムの台頭には関連性がる」と言っている。”偏見が野放しになったとき、自分が犠牲者の一人となる確率が高いことを、我々の大部分は承知しているように思う”。人間が人間である以上は差別はなくならない宿痾なのかもしれない。しかい同氏の言葉にあるように差別の矛先は誰にでも。そして自分にも向かうこと認識するべきなのであろう。

  • 自分の知識不足が否めない。時間あったらシリーズ最初から読み直すか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

Daniel Silva

「2006年 『告解 美術修復師ガブリエル・アロン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・シルヴァの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダヴィドラーゲル...
アンソニー・ホロ...
マイクル・コナリ...
ダニエル シルヴ...
ネレ・ノイハウス
ダニエル シルヴ...
マーク・グリーニ...
マイクル・コナリ...
マーク・グリーニ...
ピエールルメート...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×