氷結 上 (ハーパーBOOKS)

  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.34
  • (0)
  • (11)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550392

作品紹介・あらすじ

雪と氷に閉ざされたピレネー山脈。標高2千メートルの水力発電所で、皮を剥がれ吊るされた首なし死体が見つかった。殺されたのは発電所所有者でフランス政財界に通じる大富豪、ロンバール家の愛馬。上層部から馬殺し解決の特命を受けた警部セルヴァズは、美貌の女性憲兵隊大尉ジーグラーを相棒に捜査を始めるが、現場からある猟奇殺人鬼のDNAが採取され、事件は不気味な様相を呈すことに――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひと昔前のニュアンスにおいての「フレンチ・ミステリ」ではない。
    そもそも舞台はパリではなく、スペイン国境に近いピレネー山脈の麓である。気候や地域性の描写から、なんとなく東北を連想した。冷たい雪、寂れた町、陰鬱で猟奇的な殺人事件…肌ざわりで言えば「北欧ミステリ」が近いだろうか。そんな中、不倫がライトに語られるあたりはフランスらしい(偏見)。
    犯人は明かされるが、具体的な犯行手順(いわゆるネタ)は明かされないので、微妙に「んなこと可能なんかねえ…」感はなくもない。そのへんにはこだわらずフワッと読んでね、ということか。
    それやこれやで「あっと驚く」というよりは、雰囲気を愉しむ物語だと言えるだろう。

    2019/6/24~6/25読了

  • フランスミステリー。感想は下巻で。

    あらすじ
    ピレネー山脈の水力発電所で、吊された死体(馬)が見つかる。大富豪のサラブレッドだったため、警察と憲兵隊で合同捜査に。現場の近くには、凶悪犯を収容する研究所があり、そこには新人心理学者が赴任してきた…。

  • フランス、ピレネー山脈近くの村での惨劇。場面の切り替えが早く、無駄がない文章なので緊迫感が半端ない。早く下巻を読まなきゃ。

  • グロいシーンは片目で読む。え?これ『羊たちの沈黙』?と思いながら、下へ。

    そう言えば『羊をめぐる冒険』も出てきたね。

  • 1月-5。3.0点。
    フランスの小説。
    氷河内の発電所で、馬が殺害される。
    その後殺人も。
    現場からは、医療刑務所で隔離されている凶悪犯のDNAが。

    進みがゆっくり。下巻に期待。

  • フランスのミステリーというより、北欧ミステリーのような佇まい。
    抑制的で禁欲的な登場人物にそれに輪をかけたそれぞれの因縁めいた過去が非常に気を持たせられる。
    下巻も楽しみ。

  • 感想は下巻で。

  • レビューは下巻にて。

  • 猟奇殺人事件を追う警部。精神医療研究所に勤める心理学者。そこに収容された殺人鬼達…。さまざまな視点から描かれる今回の事件。何が目的なのか、何が起こっているのか曖昧で恐ろしさが付きまとう…そんな作品。場面がくるくると変わるので目まぐるしくも感じる。後半犯人の糸口が見え始め、下巻が気になるところ!2017.02.07読了。

  • ベルナール・ミニエ『氷結(上)』ハーパーBOOKS 。フレンチ・ミステリー。物語はピレネー山脈の水力発電所で発見されたサラブレッドの惨殺死体という突拍子もない幕開けから始まる。しかも、現場から見付かったDNAはヴァルニエ精神医療研究所に収監されている猟奇殺人鬼・ハルトマンのものだった。そして、次に起きた殺人事件の現場からもハルトマンのDNA が発見される。マルタン・セルヴァズ警部による捜査とヴァルニエ精神医療研究所にスイスから赴任して来た心理学者・ディアーヌ・ベルクの二人の視点で物語は展開していく。衝撃的な事件の割りにはストーリーはゆっくりとしたペースで進んでいく。恐らくはヴァルニエ精神医療研究所に隠された秘密が事件に関係しているのではないかと思うが、この先、どうストーリーが展開するのか全く見えない。

全11件中 1 - 10件を表示

土居佳代子の作品

ツイートする
×