いま、君にさよならを告げる (ハーパーBOOKS NV ロ 1-1)

制作 : げみ  新井ひろみ 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.17
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6歳の娘を残して逝ってしまうシングルファザーのウィル。
    幼い娘を残しては、死んでも死にきれない。
    霊になってでも、側にいたい。守りたい。
    まだ教えていないことばかりなのに。
    誰もがそう思うシチュエーション。
    けれどもずっと側にいてあげることが、
    本当に娘の為になるのか。
    悲しみを乗り越えて生きていく事が、
    彼女自身の力になるのかも…
    と思えた。
    たくさん泣いていい。
    きっと時間が解決してくれる。
    あなたの事を、お父さんもお母さんも空から見守っている。
    想像を絶する辛さだけれど、
    乗り越えていく事で人にも優しくなれるはず。

  • 久し振りに途中断念した本♪最初は、面白かったが、途中でおじいさんの浮気に翻弄してゆくのが、、受付なかった。

  • 2017/2/16

  • 涙なしには読めません

  • シングルファーザーのウィルは、6歳の愛娘エラを残して交通事故で死亡した。
    直後”みたま”になったウィルは、エラとなんとかコミュニケーションをとろうとしたが、気づかれることはなかった。

    そんなウィルの前に、天国への案内人リジーが現われた。
    エラを守りたいウィルに、2カ月だけ猶予をくれると言った。

  • 献本企画で当選しました。ありがとうございます。

    6歳の娘を遺して、交通事故であっけなく逝ってしまったシングルファザーの、それからの話。

    登場人物の名前を覚えるのが苦手なので、ここ最近は国内の本ばかり読んでいた私が久々に読む、海外の作品。
    いきなり交通事故のシーンから始まるのに、物語は思ったよりも明るく、テンポよく進み、読みやすい。
    だけど、小学生の娘を持つ親としては、主人公の娘を想う気持ちが切ないほど分かり。外出時に読むときには涙に注意!だった。
    アーサーや主人公の父親の話も加わって、生と死について、大切な家族とのかかわり方について、考えさせられた。
    悲しいけれど、光を感じられるラスト。これが一番の終わり方だよねって思えた。

  • ブクログの献本企画で頂きました。1年のついでに自分の人生を振り返る年末にぴったりな作品でした。ありがとうございます。
    幼い娘を残して事故死してしまった父親。あの世へのお迎えは来たものの、娘の側をすんなり離れられるわけはなく…と訳者後書きにもある通りよくあるお話なんだけれども。人生の理不尽さを改めて痛感します。急に家族がいなくなる、それだけでも受け入れがたいのに、立て続けにいろいろ起こりすぎて、感覚が麻痺しないと日々の生活すらままならないでしょう。子供なら死んだ父親と話すことで、大人なら雑務や責任に気をそらすことで。死んだ本人だって事実を受け入れることすら難しいのに家族のそんな状態を見ていたら天国にいくどころじゃありません。悩んで悩んで主人公が選んだ道は、正直力業過ぎてそんなのあり?としばらく腑に落ちませんでしたが、死んだ後くらいこんな奇跡があってもいいじゃない、とも思えました。
    深刻になりすぎずに読めたのは、英国風のユーモアというよりも、「御霊」状態の主人公の、少し引いた語り口のためだと思います。そしてどうしたら娘の近くにいられるかとそればかり考えている主人公の姿が微笑ましい。この世に執着する理由がある人生って、例えこんなふうに打ち切られることになったとしても羨ましいです。

  • 平易な文章で読みやすかったです。
    割りとファンタジーな設定が多いので苦手な人もいるかも。

    遺された家族たちが可哀想すぎたり、主人公に感情輸入しづらくて途中もやもやしたとこもあったけど、それらをうまいことまとめるラスト。
    切なくて悲しいハッピーエンド。いいお話でした。

  • 前半の娘と初めて意思が通じた描写は感動したが、後半の父親にまつわるエピソードは必要だったんだろうかと疑問が残る。

  • 献本に当選しました。
    ありがとうございます。

    本の帯には「世界が涙する」とあるので、期待しすぎたのか泣けはしなかったな。
    作者が、ジャーナリストと文章を書く仕事をもともとしていただけあってか、初めての出版本だというのにブレがなかった。素晴らしいな。
    裏表紙あらすじや訳者あとがきの中に「絶妙なユーモア」とありますが、残念ながらわたしにはどのへんの事か判らなかった(笑)

    全編通して幼い娘を哀しませないように奮闘する父、残された家族の悲しみと苦悩、絆が優しく丁寧に描かれてる。
    この時期にぴったりのお話だと思う。
    普段読む海外作品は、アメリカの作家が多く、イギリス人作家の本を読むのはこれが二作目なのだけど、イギリス人はあんまり「愛してる」と言わないみたいだね。
    アメリカ人が挨拶のようにひっきりなしに言ってる事に慣れてしまっているので、ウィルが娘と話せてスグに「愛しているよ」と言わないことに違和感を覚えたりしました。
    結構ひんぱんに「何故愛していると伝えない?」と突っ込んでました。
    こういうときの後悔は「ちゃんと愛していると伝えればよかった」が大部分をしめていると思うので、「1人にしないよ」とか哀しませないように、によりフォーカスされているのを見ると「どうしてただ愛していると伝えないのだ」ともどかしく思ったり。

    最後、ページをめくって「えっ、これで終わり?!」と叫んでしまいました。
    わたしはまぎれもないはっきりとした結末、が好きなので、そっと読者に委ねる…ラストにはむずむずしてしまうのですが、この本にはよく合っていて、これ以上は望めない最後なのだろう、と思い直しました。

    大切な人を亡くすのは、誰にでもあること、誰にでも起こること。
    誰が読んでも、この本の優しさと暖かさは身にしみると思う。
    良い本でした。

全11件中 1 - 10件を表示

いま、君にさよならを告げる (ハーパーBOOKS NV ロ 1-1)のその他の作品

いま、君にさよならを告げる (ハーパーBOOKS NV ロ 1-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする