レッド・クイーン 2 ガラスの剣 (ハーパーBOOKS)

制作 : 清原 紘  田内 志文 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596550774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずスピーディーな展開でストーリーは面白いのだが、どうにも主人公のメアが好きになれない。
    彼女の心の中にある「自分は特別」という考えが、物語の端々にあらわれていて不快になる。
    ニューブラッドを特別視する彼女は、シルバー達と何ら変わり無いように思うのは私だけだろうか。

    この巻は、新たな出会い、別れ、再会と前作同様さまざまなことが起る。
    この巻の終わりをみれば、次回も怒涛の展開なのは分かりきったこと。
    これからどうなっていくのか楽しみにしてます!

  • メアが生きているのが不思議なくらい、本当にいろんな目にあっていて、精神的なものより肉体が心配になった。肉体は回復しても精神のダメージは積もっていくものなんだろうけど、、。
    そんなに一人で背追い込まなくても、と思うけどカルとの距離も思ったより縮まらず、孤独感が強かった。
    1巻もそうだったけど、最後の30ページくらいで怒涛の展開で、どうなっちゃうんだ…と気になるところでおしまい。
    次巻ではどんな展開を迎えるんだろう。早く読みたい!

  • 続きが気になる!!今回もハラハラしっぱなしだった。ヒロインは優柔不断で色々と突っ込みたくなるけど、そこが面白さの基礎なんだろうなと思う。

  • 去年第一作を読んで、刊行を首を長くして待っていた続編。ここで終わるか!という引きで、次巻も楽しみ。誰を信じていいのか、何が待ち受けているのか、読んでいて文字通りドキドキした。
    第一作では、シルバーとレッドの階級の違いが現実世界の格差を投影したようで、世界の矛盾に翻弄される主人公と思って読んでいたんだけど、今回はより主人公メアの内面を掘り下げている感じ。
    世界の政治の事なんて気にしないで自分の生活のことだけ、出来れば楽しいことだけ考えて生きていけたらいいのに、力を持ってしまったばかりに人の上に立つしかなくて、誰かを助ける為には誰かを犠牲にするしかなくて、それが褒められる訳でもなくて。誰かのせい、何かのせいにして生きていけたらいいのに自分と向き合うしかない葛藤が生々しかった。

  • うーん。なんかメア弱くなってない?
    エラーラの死もあっけないし、なんかこう余計なところは描写濃厚なのになぁ。バランスがなんかこう(語彙力
    とはいえラストまで付き合いますよ。キャメロンがどうなっていくのか楽しみ。

  • 主人公が今作で一気に嫌いになってしまった
    他のキャラにも魅力が感じられない。
    設定やストーリー自体は面白いので残念。
    次作を購入しようか迷う。

  • また絶体絶命でつらくて過酷で安らぎがないまま
    ううー つらいー

  • 読了。

  • <内容紹介より>
    罠に嵌められ、”王女”から一転、反逆罪で追われる身となったメア。自分のほかにも奴隷の身で支配階級”シルバー”の不思議な力に目覚めた人々がいると知り、捜索に向かう。無慈悲な国王に先を越されれば彼らに命はない――。メアは仲間を守るために戦いの先頭に立ち続け、手を血に染めるたびに傷ついていく。だが周囲からは畏怖され、孤立を深めて……。革命を背負わされた少女の孤独な戦い!

    ――――
    シリーズの1作目が面白かった印象だったので、楽しみに読み始めたのですが、悪い意味で想定外でした。
    メアや弟の裏切りで追われる身となった王子カルらが、革命軍に加わり……という出だしなのですが、「くどい」。
    メアがずっと、葛藤を抱きながら、うじうじしている印象が強く、ストーリー展開がもたついているように感じました。
    ”ミッション”を一つ終えるたびにパーティーの面々の心情が綴られるのですが、その都度大きな変化があるわけでもなく、同じような描写が繰り返されています。

    半分ほど読んだところで音を上げてしまい、読了できていません。

    三部作の二作目、私にとっては「中だるみ」した作品に思えてしまいました。

全9件中 1 - 9件を表示

レッド・クイーン 2 ガラスの剣 (ハーパーBOOKS)のその他の作品

レッド・クイーン 2 ガラスの剣 (ハーパーBOOKS) Kindle版 レッド・クイーン 2 ガラスの剣 (ハーパーBOOKS) ヴィクトリア・エイヴヤード

ヴィクトリア・エイヴヤードの作品

レッド・クイーン 2 ガラスの剣 (ハーパーBOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする