繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

制作 : 依田 光江 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596551450

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イノベーション論の大家による、貧困を抱えた国々に対する経済的援助の多くが陥る失敗を避け、持続的な繁栄をもたらすためには、インフラや法制度の整備よりも市場創造型のイノベーションが先決であることを説いた一冊。

    著者によれば、経済的貧困とは人々が「解決すべきこと(ジョブ)」があるのに入手可能なサービスやプロダクトが存在しない「無消費経済」(=可能性)であり、そこにソリューションをもたらすビジネスが新たな市場を作り、利益や雇用が生まれ、更なる事業拡大のために必要なインフラや法制度が整備されることによって、社会全体に持続可能な繁栄をもたらすシステムが構築されるという。

    今日の先進国においても、インフラが先にあったわけではない。著者はフォードによる自動車のイノベーションが米国の道路整備や郊外の開発を導いたことなどを例示しつつ、貧困地域の実態を無視した西欧型のインフラの押付けではなく、地域に根差したイノベーションを呼び水にしたインフラ開発の重要性を主張する。著者がこれまで積み上げてきたイノベーション理論を土台に、単なる経営論の枠組みを超えて、より良い社会のために我々ができることは何かを問う良書。

  • 貧困国に、教育や医療などを改善するために資金をいくら投じても、その国の長期的な繁栄にはつながらない —— 。この「繁栄のパラドクス」を脱し、貧しい地域を持続的に発展させる新しいイノベーション手法を、イノベーションの大家クレイトン・クリステンセン教授らが説く。

    第1部 市場創造型イノベーションのパワー
     第1章 繁栄のパラドクスとは
     第2章 イノベーションの種類
     第3章 苦痛に潜む機会
     第4章 プル対プッシュ――2つの戦略
    第2部 イノベーションと社会の繁栄
     第5章 アメリカを変えたイノベーション物語
     第6章 アジアの繁栄
     第7章 メキシコに見る効率化イノベーションの罠
    第3部 障壁を乗り越える
     第8章 イノベーションと制度の関係
     第9章 なぜ腐敗は「雇用」されつづけるのか
     第10章 インフラのジレンマ
    第4部 イノベーションにできること
     第11章 繁栄のパラドクスから繁栄のプロセスへ
    巻末付記 新しいレンズで見る世界

  • 根底に「イノベーションのジレンマ」、「ジョブ理論」を備えた本書で語られる繁栄のパラドクス。

    外挿される支援は一時的なものであり、継続的な発展には内発的なイノベーションが必要であること。
    ある場所でうまくいったイノベーションをそのままの形で間借りしてもうまくいかないこと。
    一見、そこに市場がないように思える無消費にこそイノベーションの萌芽があること。
    プッシュではなくプルで戦略を講じていくべきであること。

    これまでの著作から引用され反復されるテーマが、(主に途上国の)繁栄という大きな命題の中でより深い意義を持っている。

  • 持続的イノベーション(既存のものの改良)
    効率化イノベーション
    市場創造型イノベーション(無消費にチャンスを見出す、不便、苦痛、プッシュでなくプル、だからODAは成功しない、インフラ構築から始めたインドのトララム・ヌードルの大成功)、

    ドラッガーだな

全5件中 1 - 5件を表示

繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)のその他の作品

繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする