ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)

  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.12
  • (3)
  • (8)
  • (15)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 208
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596552082

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画観た後に読みました。
    私は映画の方が分かりやすかったです。

  • 映画になっているようです。是非みたいです。

  • なんとも感想が難しい作品だったなぁ。

    これは映画になっているみたいだから映画で見たほうがしっくりくるような気もする。
    フローレンスはこのあとどんな人生を送ったのだろう。

    本屋を必要としない街だってあるのだろうけど、やっぱりそれはすごくさみしいなぁと思ってしまう。
    でも自分の好きなものが誰にでもどこでも受け入れられるわけではないという忘れがちな事実を改めて教えてもらったような気がする。

    それがいいことなのか、悪いことなのかはよくわからないけれど。

  • 『マイ・ブックショップ』2019年3月9日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
    http://mybookshop.jp/

    ハーパーコリンズのPR
    誰の人生にも、本を──ブッカー賞受賞作家による映画原作
    本屋のない海辺の小さな町。そこに初めての書店を開くのが、彼女の夢だった。

    1959年英国。フローレンスには夢があった。 それはこの海辺の町に本屋を開くこと。 しかし時代はまだ事業を始めようとする女性に優しくなく、 住人や町の権力者からは反対の声が。それでも本への情熱を胸に、フローレンスはついに 〈オールド・ハウス書店〉を開店させる──。 人と本との、心揺さぶる物語。 ※ゴヤ賞主要3部門受賞の映画『マイ・ブックショップ』(3月9日全国順次ロードショー)原作 ※ブッカー賞最終候補作品。
    https://www.harpercollins.co.jp/hc/books/detail.php?product_id=12076

  • 決して幸せな結末ではないのにそれほど悲しくもなくささやかなため息がもれた。小さな町で書店を開いた女性。古く、偏見もある土地での彼女を取り巻く人々。その心に寄り添い支えようとする人がいることにほっとする

  • 悲しい話だった。。お店始める前に読んで良かったのか悪かったのか。

  • 昨年公開された映画『マイ・ブックショップ』の原作本。夫の死後、遺産で暮らしてきた女性が、“自立した存在”であることを自分や世間に証明しようと小さな書店を開く。しかし彼女が買った建物〈オールド・ハウス〉を巡り、町の大物とトラブルになり……という内容。大筋は映画と同じだが、細部がいろいろと違っていた。出る杭は打たれる。生きていくために本は必要ないが、本のない世界に生きる意味はない。

  •  ハーパーコリンズ「ジャパン」という会社があることを本作品で知り、HPを訪問したがなんとも居た堪れない気持ちになり、すぐに右上の×ボタンを押すこことなった。

     本作品、帯にある「誰の人生にも、本を。」、「本屋のない海辺の小さな町。そこに初めての書店を開くのが、彼女の夢だった。」、「人と本当の、心揺さぶる物語。」に引かれて、ある時手に入れた本だった。
     おそらく、たまたま本屋に関する映画を探していたときに見つけ、映画は当分見れそうになかったので、原作を読みたいと思いAmazonで購入したのだったと記憶している。
     誇大広告もいいとこだ。表紙になっている雰囲気のある本棚の写真も、あまりに作中の本屋とかけ離れている。

     とにかく、ただただ悲しい物語だった。わたしはここから何を感じただろうか。何を得ただろうか。フローレンスは何故そこまでして本屋を開きたかったのか。どんな気持ちで、日々を生きていたのだろうか。わからないことだらけだが、なんとか知りたいと思えるほどの情熱もまた、起こって来ないのであった。
     作者は、この本を執筆するにあたり、読者に何を伝えたかったのか、何を感じて欲しかったのか。
     そのヒントを見つけるために、映画はとりあえず見てみよう。

     いうまでもなく、☆1つ。

  • 夫を亡くしたフローレンスは、人生の再スタートとして海辺の小さな町で書店を開くことにした。長い間住む人もなかった古い家を買いスタートした小さな書店。順調にみえた書店だったが、その家は町の有力者の婦人がその場所を夏の観光客向けにコンサートなどができるホールにしたがっていたのだ。
    ささやかなフローレンスの夢は、少しずつ歯車が合わなくなっていく。

    もっと優しい結末を期待していたので、ちょっとビックリ。良くできたストーリーだった。

  • 映画鑑賞後に読了。1950年代、英国の田舎町で書店を始めた女性の物語。映画は冒頭からその雰囲気に引き込まれ、とてもいい内容だった。原作もあると聞き、調べたら訳者がミステリ好きにお馴染みの山本やよいさん。もう読むしかないよね。
    この原作も映画と同じで、落ち着いた語り口が印象的で、すぐに好きになった。映画の中でとても重要なアイテムやエピソードが、実は原作には書かれていないことを意外に思う。結末もまるで違う。映画とは違う意味ですごく印象的な終わり方だった。
    ペネロピ・フィッツジェラルドは英国では著名な作家らしいけど、邦訳がほとんどない様子。この人の他の作品も読んでみたい。

全19件中 1 - 10件を表示

ペネロピ・フィッツジェラルドの作品

ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×