感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エドワード・ホッパーという画家がいる。現代アメリカの具象絵画を代表する作家で、いかにもアメリカらしい大都会の一室や田舎の建物を明度差のある色彩で描きあげた作品群には、昼間の明るい陽光の中にあってさえ、深い孤独が感じられる。アメリカに行ったことがないので、本物を目にしたことはないが、アンドリュー・ワイエスと同じくらい好きなので、ミュージアム・ショップでカレンダーを買って部屋の壁にかけている。

    深夜のダイナーでカウンターに座るまばらな客を描いた「ナイトホークス」に限らず、ホッパーの画には、その背後に何らかの物語を感じさせられるものが多い。作家のローレンス・ブロックもそう考えた一人だ。彼は、これはと思う何人かの作家に自分のアイデアを持ちかけた。それに呼応した作家の顔ぶれがすごい。好き嫌いは別として、御大スティーヴン・キングをはじめとする総勢十七人。その中にはジョイス・キャロル・オーツまでいる豪華さ。

    ブロックも序文で書いているように「テーマ型アンソロジーというのはどうしても似通った物語の集合体になる。だから、一気に読まずに一編ずつ時間を空けて読むことが勧められる」ものだが、驚いたことに、ここには様々なジャンルの物語が収められている。だから、一篇終わるたびに、また別の本を手にしているような新鮮な感動が待っているのだ。もっとも、すぐ読み終わってしまうのが惜しくて、結局は時間をおいて読んだのだが。

    ひとつの物語につき一枚のホッパーの画が最初のページを飾る趣向。以外に女性のヌードを描いた画が多いのに驚いた。いわゆる名画のヌードとはちがって、ホッパーの画の中の女性は、神話的な存在でもニンフでもない。都会の孤独を一身に背負ったリアルな女性像である。そこから、物語を紡ごうと考えた作家が多いのも理解できる。しかし、個人的な好みからいうと、少し違和感がある。それで、何篇かを紹介しようと思うが、作品の選択が個人的な好みに偏ることをお断りしておく。

    「海辺の部屋」の冒頭を飾るのは、紺碧というよりは幾分暗さを帯びた海の見える掃き出し窓が開き、正面の壁に斜めに陽が指している無人の部屋を描いた絵だ。作家はニコラス・クリストファー。アメリカに移住してきたバスク人の血を引くカルメンは、母の死で祖母の屋敷を相続した。そこには、ソロモン・ファビウスという料理人が、母の代から邸の専属シェフとして住み込みで雇われていた。

    祖母が書いた『海辺の部屋』のバスク語版と英語版の二冊を抱えてやってきたカルメンは、そこで不思議な経験をする。なんと、その家では部屋が増えていくのだ。初めは一年に一度の頻度で増えていたものが、次第にそれがひと月に一度、週に一度の割合になる。戸惑うカルメンとちがい、ファビウスは、家の奥にある自分の部屋に迷うことなくたどり着けるのも謎だ。バスク人はアトランティス文明の末裔であるという伝説を隠し味に利かした、アンソロジーの中では異色の海洋幻想譚に舌鼓を打った。

    「夜鷹」(ナイトホークス)は、刑事ハリー・ボッシュ・シリーズで有名なマイクル・コナリーが選んだ。画から物語を作るのではなく、ハリー・ボッシュを探偵役とするミステリの中にホッパー描く「ナイトホークス」が登場する。シカゴの冬は寒い。監視対象者がその画の前で熱心にノートに何かを書いている。突然「あなたはだれ」と話しかけられる。観察眼の鋭い娘は作家志望だった。話を聞くうちにボッシュは考えを改める。短い中にもシリーズ物の探偵の人間性をきっちり生かしたストーリー展開はさすがだ。

    正面入り口に低い角度で陽が指している、海岸段丘の上に建つ素朴な教会をわずかに見上げるような角度で描いた画は<South Truro Church>。「アダムズ牧師とクジラ」を書いたのはクレイグ・ファーガソン。八十歳をこえた長老派教会員牧師のジェファーソン・アダムズは末期癌だった。妻を亡くしてから頻繁に顔を出すようになった友人のビリーが仕入れてきた、ジャマイカ風にシガレット・ペーパーで巻いた細いマリファナ煙草をやるようになってしばらくたつ。もはやハイになることはないがそれは二人だけの儀式になっていた。

    渚に打ち上げられて次第に腐敗してゆくタイセイヨウセミクジラの死骸を前に、実子ではなく養父母を喜ばせるために牧師職を継いだ、実は無神論者だというジェファーソンの死後を憂うビリー。彼はミイラのように痩せこけたジェファーソンを乗せ船をこぎ出す。そんな二人の前に巨大なクジラが現れる。クジラの眼に見つめられた二人は共にある決意を抱く。本当にアメリカ人は、プレスリーの双子の兄弟の話が好きなんだな、と実感される一篇。

    開いた窓から見えるのは、肘掛椅子に腰を下ろし新聞を読む男と壁際に置かれたピアノを戯れに弾く女。その間には天井まで届く暑いドアがある。スティーヴン・キングは、これだけの材料からいかにもモダン・ホラーの巨匠らしい、淡々として怖いホラーを仕上げてみせる。ドアの向こうから「どすん」という音が聞こえてくる。それを嫌がる妻に対し、夫の方は新聞のマンガの話で気をそらせる。ディック・トレイシーだ。そのうち泣き声が混じる。夫は妻にピアノを弾くよう勧める。「音楽室」には何があるのだろう。

    粒よりの佳作が目白押しのアンソロジー。人によって好みはちがうだろうが、誰でもお気に入りの作品が必ず入っている。エドワード・ホッパーを知らない読者は、きっとこれを機会にファンになるはずだ。「コッド岬の朝」という一枚の画には物語がついていない。高名な作家が書けなくて返してきたらしい。物語は「読者に書いてもらいましょう」と担当者は言う。あなたなら、どんな物語を書くだろう?

    • sifareさん
      abraxasさん、こんにちは~
      いつもレビューを楽しく読ませて頂いております。その中で特に自分にとっての色んなきっかけになったレビューに...
      abraxasさん、こんにちは~
      いつもレビューを楽しく読ませて頂いております。その中で特に自分にとっての色んなきっかけになったレビューにいいねさせていただいておりますが、例えばこの「短編画廊」は購入決め手となりましたw私はレビューはそんなに書かない(書けない)タイプですので、どうぞお気遣いなくお願い致します。お時間を取って頂き恐縮しておりますので(^^)有難うございました。
      2019/10/03
    • abraxasさん
      sifareさん、こんにちは。
      コメントありがとうございました。いつも読んでいただいてありがとうございます。
      エドワード・ホッパーの画が...
      sifareさん、こんにちは。
      コメントありがとうございました。いつも読んでいただいてありがとうございます。
      エドワード・ホッパーの画が気に入ってもらえるとうれしいのですが。レビューで紹介しきれなかったものの中にも、いい作品が多かったので、きっとお愉しみになれたものと思います。これからもよろしくお付き合いください。
      2019/10/03
  • 作家17人による「画家エドワード・ホッパーの作品を主題にした短編」アンソロジーなので、さまざまな文体・内容の作品がおさめられているのだが、全体として強烈に【アメリカ】を感じた。
    行ったことのない国だが、長く暮らして骨を埋めるのはつらいかもしれないな・・

    それぞれに印象的でしたが、なかでも『海辺の部屋』『夜のオフィスで』が好きです。どちらも本質として慈愛をかんじる美しい話でした。
    好き、とは違うのですが『音楽室』はぎゅっとつまって短く、きりりと怖く、よかった。

  • エドワード・ホッパーの絵画から生まれた十七の短編。
    それぞれ全て異なる作家の手によって物語が編み出されており、短編好きも、絵画好きも、うまく取り込まれてしまう。
    正直なところ、絵画を眺めているだけでも楽しい。
    絵画は、18枚修められている。一枚は、読者が自分で話を作ってみてね、という序文の心憎さよ。
    翻訳物なので、独特のクセがある。
    決して変な日本語ではないし、つまらないわけでもない。
    翻訳者も12人(贅沢!)いるので、この翻訳者だと合わない、といったことがあるわけでもないのだが、やはり「ニュアンス」「空気」という見えないものを取り入れることは、難しいのだろうか。

    「キャロラインの話」はある老婦人の物語だ。
    視点が変わっていくところ、また、老婦人の秘密がポイントだ。
    老婦人の心の中にあったしこりは解消されただろうか。また新たなしこりを生んだだろうか。
    願わくば、ハッピーエンドに、と思うが。
    家族の問題は近しいだけに問題も起こりやすいことも、必ずしも皆が幸せにはならないだろうという、ざらついた余韻の残る物語であった。

    「映写技師ヒーロー」
    映写室にいる、少し引っ込み思案な男性の物語。
    いかにもアメリカらしい展開だ。
    小さな映画館にみかじめ料を求めてやってきた男たちから映画館と、経営者と、受付嬢を守るため、映写技師は立ち上がる。
    でも、その「誰かのため」は表に出ることなく、消える。
    そしてまた日常に戻る。
    アメリカらしい解決方法だが、アメリカンヒーローらしからぬヒーロー。
    いや、スーパーマンも普段は冴えない、んじゃなかったっけ。
    だとすれば古典的なヒーローがここにいる、のかもしれない。

  • エドワードエドワード・ホッパーの絵を題材にした短編集。
    絵と物語を楽しめる。
    「オートマットの秋」「牧師のコレクション」「音楽室」が面白かった。

  • コンセプトがいい、物語より本の装丁とかが好き。
    ランズデールは良かった、読んだことある気もしたけど。

  • 17枚の絵を題材に、そこからインスピレーションを得た物語が、やはり17人の作家たちによって生み出される…。何とも洒落たコンセプト。テーマとなる絵はすべて、エドワード・ホッパーの手によるもの。20世紀前半に活躍したアメリカの画家で、人物を都市や風景に溶け込ませる、といったタイプの作品が多い。それぞれの短編の冒頭、まずその「モトネタ」とも言うべき絵が提示される。「ここから、どんな物語が生まれるのだろう?」と、そのワクワクした心地を楽しめる。読み終わってからまた眺めると、初めに見たときとは違った感触でとらえることができ、これがまた楽しい。同時に、これまでこのホッパーという画家を知らなかったのだが、なんとも魅力的な絵の数々、これからシンプルに彼の作品に接してもみたい、なんて欲求も生まれた。

    特にお勧めはランズデールという作家による『映写技師ヒーロー』。映画館で映写技師を務める若者をめぐる話で、映画館とその脇に立つ案内係を描いた絵から、よくこれほど物語をふくらませられたなと感服、話の内容も爽快で良かった。他にも有名どころのスティーヴン・キングの短編もあったりで、いろいろなテイストの話を楽しめる。それぞれの冒頭の絵を眺めて、気に入ったものの短編から読んでもいいかもしれない。

    絵から生まれる「想像力」。人が持つこの豊かな力を感じずにはいられない、そんな作品集だ。

  • ホッパーの絵にインスパイアされた短編アンソロジー。
    不思議な一族と料理人の物語「海辺の部屋」が特に印象的。

  • 一枚の絵画から、著名な作家たちが物語(短編)を作っていく手法。
    時間がなくて、スティーブンキングのしか読めなかった。
    でも、キングはやっぱり長編が好きかも。
    時間がある時にじっくり読みたい本。

  • アメリカの書評で話題だったので気になっていましたが、和訳が出たので早速読みました。これを手に取るのはやっぱりみんなホッパー付きの人だと思うのだけれど、私もその一人で、で、読んでいる中で、お、と思うタイミングでホーッパー作品が出てくるので読んでて心地よかったです。いろんな作家さんの短編小説が入っていて、初めて知る人もいて、それも良いです。ただちょっとこじつけじゃないの?と思ってしまう組み合わせもありましたが、それもまあ楽しみかと。なによりこういう本を企画し実行した編集さんがすごい。

  • エドワード・ホッパーの絵をもとに
    17人の作家の17つの短編。
    序文でローレンス・ブロックも言っているけど、本当にバラエティ豊かだ。
    色白で、表情が虚ろにも見える人びと。
    (そのせいなのかちょっと死体と犯罪が多い)
    スウェーデンの映画監督、ロイ・アンダーソンの作品にでてくる人みたい。

全25件中 1 - 10件を表示

ローレンス・ブロックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ミ...
ジョン・アガード
小川 洋子
フランシス・ハー...
アントニオ・G・...
皆川 博子
レティシア コロ...
皆川 博子
ヴィクトール・E...
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×