少年は世界をのみこむ (ハーパーコリンズ・フィクション)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
3.80
  • (7)
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 208
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596552136

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  スケールの大きなタイトルだ。何せオーストラリア発のベストセラー作品、満を持して、華やかに登場! ページを開くと、すぐさま感じられるのは、高密度な文章による作風。物語力の高度さ。少し取っつきにくいくらいの言葉の奔流。それに何と言ってもイメージの横溢。これこそ少年の感性そのものかもしれない。それを大人になって完成された文章力が過去への旅程を辿り掬い上げたものなのかも。

     物語の牽引力は半端じゃない。少年イーライの育つオーストラリアはブリスベン郊外の田舎町。少年と親しい老人は、殺人の罪で獄中で生涯を過ごした脱獄王スリム。60歳も歳の差がある老人が少年に教えるのは人生の知恵と夢。

     少年の兄オーガストは5歳の頃から口をきかなくなり、空中に指で文字を描く。描かれた唐突な文字の予言に満ちた不可思議さは、小説後半への伏線となるので要チェック! 伏線は他にいくつも。隠された赤い電話。獄中の囚人にイーライが書き送る手紙。記者になる夢。麻薬密売に手を染める義父と母。彼らを取り巻く麻薬組織の悪のあまりの暗黒さ。

     最初のイメージは夢多き少年の冒険小説。ファンタジー・ランドみたいに見える作品世界は、大人たちの経済の論理で崩れてゆく。暴力と血と奸計とが、少年の周囲にある平和をこれ以上ないほどに搔き乱す。イーライにも試練が訪れる。いろいろなものを一気に失ってしまう衝撃的な時間。

     その後の第二幕は、失われた平和の跡みたいな、アル中で壊れた父との暮らし。そんな中でもさらに成長を続ける兄弟の物語。新たな未来に向けた少年のあくなき想像力と、たくましさを見よ。

     世界の美しさ。そして残酷さ。消えていった謎。さらに深まる伏線の数々。独特な語りと描写に引きずり込まれる。物語力ということの凄みさえ感じられるのが本書の中盤だろう。

     そして終盤。十代最後に近づき、夢であったジャーナリストの道を踏み出したイーライが、世界と本格的に格闘する物語。ばら撒かれてきた伏線と仕掛けが一気に花火のように爆発する時。こういう物語か? と俄かに信じがたいほどに、懸崖を墜落するが如く様相を急変させるこの不思議な小説。プリズムのように絶え間なく色を変える正体のわからない物語と少年の未来。

     ずっと家族の物語。ずっと夢の物語。ずっと冒険の物語。作者は自分自身、実際にジャーナリストを夢見た少年のモデルであったそうである。脱獄王スリムも、麻薬密売で連れ去られた義理の父親の運命も、本当の父親の本の虫ぶりも、物語の半分は少なくとも作者自身の体験からの物語ということである。

     現在の作者を作り出したすべてのエネルギーは、本書の少年イーライに込められているだろう。この作品に注がれた作家の情念は半端ではない。

     ちなみに本書のタイトル、各章の小タイトル、共にすべて、三語だけで成り立っている。それにはわけがある。他のあらゆる精緻な伏線もあちこちに仕掛けられている。鳥肌が立つほどの準備の多さに恐れ入ってしまう。まるでおもちゃ箱。仕掛け屋敷。

     ちなみにいくつかのシーンでイーライは窮地に陥る。そういう時、過去から差し伸べられる救いの手には、感動のあまり胸が詰まることがある。あれはこの時のため? 仕掛けの多さに驚きを禁じ得ないし、そこには人間の深い魂同士が繋がっている様が感じられる。心から情感を揺さぶられる物語。

     本書の今後の評価が実に楽しみな傑作である。どなたにも心よりお薦めしたい掛け値なしの傑作である。

  • たくさんの賞を受賞し、
    たくさんの国で翻訳され読まれている本。
    とても波乱にとんだ内容だった。
    イーライは、おしゃべりで、
    お話を作るのが得意で、ちょっと泣き虫。
    オーガストは、ひと言も話さない。空中に指で書く文字は、予言めいたものもあれば、意味不明な文字列のこともあるが、賢い兄で頼れるアドバイザー。
    母の恋人ライルは、父親も同然。
    麻薬密売組織に連れ去られ、なぜ消えてしまったのか?真実を探しに行く。
    ベビーシッターで、年齢差60歳の親友スリムからたくさんのことを学ぶ。
    みんなでハグ!
    愛情や信頼を感じる家族。
    けれど、世間から見たら悪人と呼ばれるのかもしれない。
    本書の半分は著者が実際に体験したことだという。
    そして、イーライの切り取られた人差し指のことは驚いたが、著者の右手の指はちゃんとそろっていると訳者あとがきにあり、ホッとする。
    12~19才までの少年イーライの成長と家族の物語。

  • 読み始め,圧倒的に高度な文章構成で,自分も付いていくことができるか心配であったが,家族の物語でありながら,冒険の物語であり,少年の成長の物語であり,要所要所にそれらの活劇感が挿入され,当初の心配は杞憂であった.
    日常とは言っても,平和な日常では無く,びっくりするようなことも起こり,少しづつ読み進める毎日が楽しみでした.

    もう1度読むかなあ.

  • 圧倒的な量と質!細かなディテールにこだわるイーライ少年のように、たくさんのエピソード、感じた事、ちょっとした会話、言われなかった言葉などがこれでもかというくらい書かれていて、魔術のようにそれがどんどん繋がっていく。エンターテイメントとしても面白いし、家族愛や兄オーガストへの信頼、ベビーシッターだった元脱獄犯のスリムとの絆など深い内容満載で少年の成長物語として素晴らしかったです。
    あとがきの作者の右手の指がちゃんとあるとの情報、ほっとしました。

  • イーライと同じでディーテールが細かい。あー、ここに繋がるのかが多数。

  • ディテールと色彩が、破滅的な世界を照らす珠玉の小説。愚かで勇敢な少年の冒険譚。どこかファンタジックな雰囲気も醸し出しつつ、ドキュメンタリー的に細部にこだわった作品で、とてもワクワクさせられた。

    子ども思いだけど麻薬の密売人をやっている母、その母の恋人で同じく密売人をやっている男性的な魅力ある男、話すのを拒み文字を空中に書いて意思表示する兄と、普通ではない環境に置かれたイーライ。
    親友は、脱獄犯のベビーシッターであるスリムで、年齢的にはイーライと60の差がある。
    こんな環境でも、擦れることのない少年イーライの視点から物語は語られる。
    スリムの哲学を忠実に再現しようとする純粋さや、見たままだけを信じない疑う能力、自分に向かってくる不条理や暴力に、ときには怯えながらも、真っ直ぐに立ち向かう姿勢を持とうとするイーライに心惹かれる。

    こうしたカラフルな登場人物たちが魅力的なのだが、彼らのセリフもとても印象深い。
    なかでも、老年のスリムがイーライ少年に幾度となく伝える「時間を殺れ」という言葉が印象的だ。
    目に見えない時間をどう殺すのか?
    スリムは、獄中で時間を操っていたと語り、物事の細部を見逃さない、つまりディテールを見逃さないという方法で、時間を永遠に近いものにしてきた。

    その教えが一人語りの文にも生かされており、時には滑稽で時には真に迫った会話劇や、時々の状況を克明に、かつ詩的に描いたまさしくディテールを見逃さない文体が読み手を飽きさせない。
    詩的な表現が、破滅的で絶望的な環境下に置かれても、イーライの目には色彩が失われない理由のひとつになっている。

    この小説を読んでいると、なんとなく過ごしてきた日々の細部にもディテールがあり、それを見逃してきた自分に気づかされる。
    イーライのように色彩を手に入れるためには、日々の細部に注目し、時間を手繰る必要があるのだろう。
    この小説は、読み手にも色彩が如何なるものか、どうやって色彩を手に入れるかのヒントをくれる。

    常識的に考えて、親がろくでもないことをしていれば、嘆き悲しみ打つ手なしで泣き寝入りするところだが、イーライやオーガストは、状況を受け止めて進んでいく。
    少年らしい向こ見ずな言動も含めて、勇気を与えられた。

    細部に拘っているからと言って、ストーリーに手を抜いているわけではない。
    じつは序盤から伏線がいくつも存在し、ストーリーが進むごとに紡がれていく。
    兄のオーガストの予言めいたメッセージ、意味深な言動がこの物語を想像力豊かなものにしている。
    主人公イーライは、想像力と現実を見つめる目と、どちらも持って世界に飛び込んでいく。

    どんな状況下であっても、イーライが自分の意思を持って飛び込んでいく姿が頼もしい。
    展開が読めないのでドキドキしながら読むことができた。

    また、訳者の後書きによると、この物語の状況は、作者自身の環境をモデルにしているらしい。作者は元クーリエメールのジャーナリストなので、ほとんどイーライと同じような人生を送ったようなものではないかと、驚かされた。

    長い長い小説だが、売れただけあり、ラストに至るまでの盛り上がりも素晴らしく、哲学に満ち満ちている。 

  • 長い本だったけど、主人公イーライがずっと全力で考えて行動し続けているせいか中断せずに読み切れた。
    イーライの12歳から19歳の間の物語で、彼の周りでは犯罪と暴力にまつわる事件が常に起こっていて、正気を保っていられるかどうかの瀬戸際という感じ。
    そんな中でイーライは空想したり兄のオーガストと協力しあったり親友で元脱獄犯のスリムに大切なことを教わったりしながら大人になっていく。
    そのおかげで、すぐ泣いてしまう全力のイーライだったけど逞しく優しく成長していく。
    幸せになってほしいなと思いながら、イーライを追いかけていくように読んだ。
    力強くてパワーをもらえる本だった。



    ブクログのプレゼント企画に当選して読みました。
    ありがとうございます!!!

  • 貧しい少年がその環境下においてたくさんの危険や大切な経験をして成長していく話でした。こういうと普通の小説なんですが、この小説には、空想、色彩、ディテール、スリム等いろいろなものがスパイズされて、絵画のようになってます。
    私はイーライではないのであざやかには説明できないけど、たくさんの人に感じてもらいたいと思いました。

  • ちょっと表現が過剰気味。
    これもGmap必至。

全12件中 1 - 10件を表示

トレント・ダルトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×