小公女の恋 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596554918

作品紹介・あらすじ

幼いころ母に捨てられたイニスは、長年暮らした修道院を出て、
大富豪ガード・セントクレアの邸宅へ向かっていた。
ガードから金を詐取した義理の父に代わって許しを乞うために。
だが、けんもほろろに追い返され、嵐のなかを帰る途中、
不運にも車にはねられ意識を失ってしまう。
数週間後、ガードの屋敷のベッドで目を覚ましたイニスは、
事故のせいで記憶を失い、自分の名前さえ思い出せずにいた。
ふと左手を見ると、薬指に美しい指輪が輝いている。
わたしに婚約者が? 何もわからないイニスに、看護師が教えた。
「婚約者は裕福で頭が切れる、悪魔みたいなガード・セントクレアよ」

HQプレゼンツ作家シリーズ別冊より、記憶喪失ロマンス特集〈閉ざされた記憶の扉〉をお届けします。不世出の作家V・ウィンズピアが描いた本作は、清廉なヒロインと傲慢なヒーローが出逢い、互いに反発しながらも孤独な魂が惹かれあう、クラシックな恋物語です。

ヴァイオレット・ウィンズピアの作品

小公女の恋 (ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×