花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596591357

作品紹介・あらすじ

修道院の中で夢見ていたのは、
形だけの結婚なんかじゃなく……。

リリスは10年暮らした修道院を出て、故郷に向かっている途中で、
双子の悪童にさらわれ、見知らぬ城へと連れていかれた。
理由もわからぬまま物置部屋に囚われ、リリスは困惑した。
父の決めた許婚と結婚するため実家へ戻るはずが、なぜこんなことに?
やがて姿を現した城の主は、ガイアの領主アレクサンダー。
その大柄な美丈夫の騎士を見て、リリスは思わず身を震わせた。
聞けば、リリスの故郷の川下にあるこの地では、彼女の父が上流を
堰き止めたせいで、暮らしが成り立たずに領民が苦しんでいるという。
くだんの上流の土地がリリスの持参金と知ったアレクサンダーは、
断固として宣言した。「結論を出した――私とそなたは、結婚する!」

修道院を離れてようやく自由になったとたん、囚われの身になる不運に見舞われたリリス。強引なアレクサンダーに反発を覚えながらも、運命を受け入れるしかないと悟った彼女は、花嫁衣装に身を包みますが……。鮮烈かつ伝説的なドラマティック・ヒストリカル!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何とも複雑に込み入った人間関係、、、

    面白いという感想よりは、まず作品を一言で言い表すなら、まさにそれに尽きると思います。

    主人公のリリスは十年間、修道院に預けられており、漸く屋敷に戻れるというその帰り道、拉致されてしまいます。
    彼女を拉致したのは、リリスの父ジャワードとかねてから敵対関係にあったガイア領主アレクサンダーの双子の弟たちでした。

    アレクサンダーはリリスを丁重に遇するものの、彼女の父が彼の領内に作った堰を取り壊させるために、結果として彼女との便宜結婚を選択します。
    ですが、物語はそんな簡単なものではありません。
    便宜結婚から二人が真実の愛を見つけるまでと同時並行して、様々な人間模様が描き出されます。
    それがリリスとアレクの父親同士の恩讐であり、また、更にアレクの元婚約者バーバラ、その兄ジョンの狡猾な企みであったりします。
    実はリリスの父がガイア卿(この場合、アレク自身と彼の父)に深い恨みを抱いている背景には、まだ主人公たちが幼い頃に芽生えた父親同士の対立に元があるのです。

    読んでいる中に、二重三重に張り巡らされた人間関係のあまりの複雑さに、溜息が出そうになりました。
    また、かなりの暴力的シーンがあり、読んでいてあまり良い気持ちではありませんでした。
    最後には、バーバラの兄ジョンが狂人であると判り、亡くなりますし。
    単に主人公たちだけの恋愛譚を描いているよりは、奥行きがあり読み応えもあるとは思いますが、
    何故か素直に「良かった」と言い切れない複雑さが残ります、、、

    前半まではテンポ良く話が進み、私も愉しく読み進めました。後半からの展開は読む人によって評価が分かれるところかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

スーザン・スペンサーポールの作品

花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×