背徳のマリアージュ~王女は支配者の指先に溺れる~ (ヴァニラ文庫)

著者 :
制作 : 乙 
  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596744715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国のための政略結婚の前に花嫁に逃げられてしまった王女アイリーン。家臣が身代わりとして連れてきた傭兵のウォルフと偽りの結婚をすることに。

    ウォルフの正体は早々に気付きました。
    イラストだとちょっと老けて見えたのが残念ですが、こういう強引だけど、実は優しい人っていうのは好みです。

    アイリーンもただの弱い女の子ではなく、国を思う気持ちと自分の感情をきちんとコントロールでき、でもそれでもやっぱりウォルフのことが好きっていうのに悩んでいる姿はよかったです。

    惜しいのはイラスト。
    アイリーンは大人っぽく描かれていていいのですけど、ウォルフがもうちょっとかっこよかったらいいのにって思いました。

  • 御堂志生さんの作品には、勢力争いの話が多いけど、これはかなり激しいです。
    ハッピーエンド、なのですよね?

    主人公エヴァが溺愛されているのは、間違いないです。

全2件中 1 - 2件を表示

背徳のマリアージュ~王女は支配者の指先に溺れる~ (ヴァニラ文庫)のその他の作品

御堂志生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

背徳のマリアージュ~王女は支配者の指先に溺れる~ (ヴァニラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする