蔑まれた想い (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)

制作 : 平江 まゆみ 
  • ハーレクイン
1.75
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596800787

作品紹介・あらすじ

猛吹雪の中、メリッサは名士カーク家の邸宅を訪れた。全身ずぶ濡れになりながらもここへ来たのには訳があった。カーク家の三男ドルトンの身に危険が迫っていると感じ、そのことを本人に一刻も早く伝えたかったのだ。私の一家は地元の人々から白い目で見られてきたけれど、ドルトンだけは何かと親切にしてくれた……。幼少期のトラウマのせいで男性を恐れるメリッサだったが、知らず知らずのうちに彼への想いが静かに育っていたのだ。だが、警告を聞くや彼は鬼の形相になり、怯える彼女をなじった。「なぜ、そのことを知っている! 誰から聞いたんだ

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ワイオミングの<ランチョンレアル牧場>の三兄弟の三男のお話です。
    紹介文から、久しぶりに鬼ロマを!と期待したのだが、悲しくなるくらいスカスカだった。
    ”ワイオミングの風”は、ジェイコブズビルの事件から離れてくれるのかと思ったが、結局、誘拐やら麻薬関連の伏線と、小ネタで埋められて、肝心のロマが…
    あぁ、ぜんぜん蔑まされなくて、つまんない〜〜。
    もっと蔑んで欲しかった。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4408.html

  • ワイオミングの風シリーズ。カーク家の三男ドルトンと千里眼の持ち主メリッサの物語。二人の恋物語にしてはあっさりくっつく。むしろなぜドルトンが命を狙われるかが主題のようだが、そちらは複雑でよくわからない上に、次々と事件が起こる割には緊迫感が感じられない。ズバリあんまり面白くない。作品のなかでほのめかされている限り、次の作品のヒーローとヒロインのお話はまたもや辛い過程を辿りそうで、これまた散々繰り返されてきたパターンが見えてきてすでにウンザリ。ダイアナ・パーマー好きだったけどもうやめようかなあ。2015.1

  • シリーズの続編から読んでしまったようだけど、問題なく読めました。カーソンとカーリーがこの後くっつくのね。

  • 猛吹雪の中、メリッサは名士カーク家の邸宅を訪れた。
    全身ずぶ濡れになりながらもここへ来たのには訳があった。
    カーク家の三男ドルトンの身に危険が迫っていると感じ、
    そのことを本人に一刻も早く伝えたかったのだ。
    私の一家は地元の人々から白い目で見られてきたけれど、
    ドルトンだけは何かと親切にしてくれた……。
    幼少期のトラウマのせいで男性を恐れるメリッサだったが、
    知らず知らずのうちに彼への想いが静かに育っていたのだ。
    だが、警告を聞くや彼は鬼の形相になり、怯える彼女をなじった。
    「なぜ、そのことを知っている! 誰から聞いたんだ!」

全4件中 1 - 4件を表示

蔑まれた想い (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)のその他の作品

ダイアナ・パーマーの作品

蔑まれた想い (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)はこんな本です

蔑まれた想い (ハーレクイン・プレゼンツ スペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする